メール鑑定

常陸国総社宮 (ひたちのくにそうじゃぐう) 本殿

神社に伺うときは、遠くからこんもりとした森がみえたり、
参道の方向から、だいたいこちらにいらっしゃるな、と思うのですが、
こちらは、すごく意外な方向から導いていただきました。
え、ここに神社があるの?という感じ。

周囲は、田んぼでもなく、町でもない、なんというか・・・とても「田舎」
旧参道の前のバス停。宮の下なので、確かに宮下町。
1時間に1本あるか、ないかくらいでしょうか。
201604002

旧参道と鳥居。
神橋がかかっています。格の高い、古いお宮であることがわかります。
201604001

鳥居。長い参道です。
201404003

随神門。
茅葺きでしょうか。珍しい。左右に随神がおられます。
温かい門。なにかを入らないようにするのではななく、迎え入れるための門。
201604004

境内にはいると、空気がかわります。
なにもない「田舎」だと思っていたのに、唐突に聖地。

随神門をくぐると、「こんにちは」と声をかけられました。
巫女の方です。こんにちは。
結構、神社には行く方ですが、神職や巫女の方の方から、声をいただくのは珍しいです。

総社、というのは、国中の神さまにお集まりいただいた神社です。
その昔、常陸の国の国府がこの近くにあったそうです。
国府での大切な仕事のひとつに、
その国の神さまたちを参拝して、国の安寧を祈願する、という仕事がありました。
そこで、各地の神さまにお集まりいただいたのが「総社」とよばれる神社です。
六所神社とも呼ばれる事もあるようです。
この6は、南北の4つに、天地の2つを加えると6になるので、世界を表すと聞いた事もあります。
大國魂神社も総社でした。

実は、ちょうど、こちらは本殿修復中。
こちらが工事中の本殿。
201604005

ご遷座されている仮本殿。
201604006

工事中の本殿と、仮本殿と、それぞれ参拝。
工事中の本殿は、お留守で建物だけになってますが、
仮本殿は、いらっしゃるのがわかります。
伊勢神宮でも、旧社地にうかがうとわかるのですが、すぐ近くにうかがうことはできません。
目前に建物だけ残っているというこういった機会は、なかなかないので、おもしろく実感しました。
興味のある方は、この機会にぜひ、お参りください。

桜が、咲きかけていました。
201604017

常陸国総社
ツイッターもされています。 @sosyagu
禰宜さんはPenオンラインでコラムも書いていらっしゃって、写真も美しい。多才な方だなあ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク