メール鑑定

水天宮 (日本橋) 新社殿

新社殿にご遷座されたので、うかがいました。

右のビルが参集殿となっていますが、こちらの右側から階段で入ります。
20160501

竹中工務店ホームページから。
この図では、なかり右のビルが大きく書かれていて、実際にも大きいです。

20160502

神札所の地下には待合所もあります。
今まで、お宮参りなどでご昇殿待ちの方々が、境内にあふれていることもあったし
多くは妊婦さんや、生まれたばかりの赤ちゃんを連れていたっしゃる家族だったので、
待合所や参集殿の大きさは必要だったのだと思います。

この参集殿が随身門を兼ねているようで、左右にはこちらの方々。
20160503

随身の向きが、参道を向いています。

狛犬は、この参集殿の屋根の下にかかっています。
20160504

こちらの神紋は、椿と三つ巴。
狛犬のマリにも椿と錨(いかり)が彫ってあります。
三つ巴は水に関する事を示し、錨も航海、海運を示していますが、
椿の紋が珍しい。
ご祭神のおひと方(一柱)、安徳天皇に由来するものだと、公式ブログにありました。
安徳天皇が実は、壇ノ浦で海に沈まれたのではなく、生きていて、
「椿は八千代を子と寿ぎ,井桁は深き契を宿すとかや」 と詠われたとか。

すぐ目の前に鳥居。
20160505

鳥居は、参道から見えません。

ご挨拶します。
20160506

ご遷座、おめでとうございます。
実際には、お参りの方々で長い列ができています。
長い時間を経たご社殿や、きらびやかな朱のお宮も美しいのですが、
木の香りのする新しいご社殿もよいなあ、と思います。

近くには、犬。子宝犬。
20160510

本殿の方を向いて、お守りしているようですが、なで回されてピカピカ。

弁財天さまも新しくなっていました。
寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)
20160507

無垢の木の本殿と、朱のお宮のコントラストが美しい。

手水舎の近くには、かっぱ。
20160509

みんなから、お水をかけてもらっています。

確か境内には、摂末社として秋葉神社、高尾神社などがあったと思うのですが、
境内には寳生辨財天だけになっていました。絵馬殿もなくなっています。
仮宮もそう思ったのですが、スキッとした印象です。
待合所は明るくて、授乳室もあります。
授与品には、かわいいものが揃っています。
水天宮は安産祈願で有名です。
それはこちらからいただく妊婦さんが使う帯によって安産だった、
という事からなので、産着(うぶぎ)や帯もあります。
ご祭神とは、関係ないんだけどね。
感じるのは「水」
だから、「羊水」とも通じるのかな、と思ったけど。
むしろ、ここにお礼のお宮参りにくるみなさんの、
「安産だった」「生まれてきてありがとう」の気持ちがマークされているので、
それによって、安産になるという予祝のサイクルがあるようでした。

ご朱印帳が素敵なのですが、2000円。ちと高い。
ご朱印は、日付のみ手書きになっていました。
いろいろ、変っていくんだなと思います。

道路から、本殿が見えます。ここからも木の香がします。
植栽が高くなったら見えなくなるのかな。
この交番も一緒に新しくなっています。
20160508

戌の日には入場制限もしているような人気なので、少し落ち着いてから、
木の香りが残っているうちに、また、来ようと思います。

水天宮 (日本橋)
水天宮の巫女さんのブログ みすゞ「水天宮と椿の素敵なお話」
竹中工務店 2016年3月16日リリース

スポンサーリンク