メール鑑定

大國魂神社 参道  神戸稲荷神社

大國魂神社です。

駅からのびる参道の欅(けやき)並木は、
源義家の戦勝祈願のお礼の寄進が始まりと言われています。

大鳥居前のご神木。
この前は甲州街道ですから交通量も多いので、仕方ないのかも。
ookuni2

大鳥居をくぐると、まっすぐに参道がのびています。
この真っ直ぐさが、人の意図を感じます。
ookuni1

古くからの聖地なら、
むしろ、本殿に進まないように、参道が意図的に曲がっているのですが、
このような直線は、大鳥居前の並木から続いていて、
武士の時代の名残かもしれません。
あるいは、ここはもともと、武蔵の国の国府だったそうなので、
律令時代の都づくりに通じる升目のひとつなのかもしれません。

この本殿は、1051年に南向きであったのを
源頼義が北向きに改めましたそうです。
これは、朝廷の権力が届きにくい東北地方を
神威によって治めるという意味がありました。

つまり、ことさらこちらが参道ですよ、という、
本殿の北面を強調するような、まっすぐな参道とけやき並木です。

入口には、お稲荷さん。神戸(ごうと)稲荷神社。
ookuni3

神戸、神さまの扉のお稲荷さんということかな。
たぶん、この土地の方。
それと、入口の祓いのお役目もされているようです。
キツネのイラストがかわいい。この先には、古くからの聖地とヒトの意図を感じる場所があるのに、
ここは、そんな古さもなく、流れるリズムが違う。
ookuni4

もともと神戸というところの、お稲荷さんだったようです。
いまは、こちらにいて、お祓いのお役目もされています。

大國魂神社

スポンサーリンク