メール鑑定

「仁和寺と御室派のみほとけ」展 仁和寺 観音堂

トーハクの特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」のなかでも、この展示は、撮影可能で人気です。
そうでなくても、ご本尊の千手観音菩薩を拝んでいると、周囲の明王、二十八部衆、風神雷神がザワザワとして気になるので、いつまでも飽きない「展示」になっています。
今回は、観音堂の修理ということで、普段は入れないお堂内部を再現しています。
観音堂以外については、こちらの記事で。

こちらは、お坊さんが座られるところ。

ご本尊、須弥壇に向かって左から右へ。お名前。

観音堂展示。ご本尊に向かって左から右へ。

そして、堂裏にある地獄の絵。
地獄へ真っ逆さま、のわりには、気楽な表情をしています。

この絵の向かい側の上にある観音様の絵。
この真っ逆さまの人間に対して、手を伸しているように見えました。

夜間開館で開館時間が延長されています。

特別展 仁和寺と御室派のみほとけ 
東京国立博物館 2018年1月16日~3月11日(日) (展示替えあります)

公式ツイッター @ninnaji2018

公式フェイスブック


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク