メール鑑定

高幡不動尊 奥殿

護摩が終わったので、境内を歩きます。
貫主さまのお話にあったお不動さまです。
京都の国宝修理所で3年(と1億円以上)かけて
修理をしたとおっしゃっていました。
そのお不動さまが、いらっしゃる奥殿です。

taka6

ガラス越しですが、参拝することができます。
丈六不動尊とのことで約5メートル。

taka7

不動様の手から紐がでており、それには触れることができます。
祈願紐、というのでしょうか。
触ってご縁をいただきます。

taka8

高幡不動尊金剛寺

スポンサーリンク