メール鑑定

五條天神社 (上野) 2022年

上野の五條天神社は、久しぶりです。

今回は、梅が満開の頃に参拝。

梅は天神様(菅原道真公)が太宰府に左遷されたときに、京都のお庭で「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と和歌を詠んだら、
道真公を慕って京都から九州の太宰府まで追って飛んでいった、といわれる縁のある花です。

そして、山桜も咲き始めて、花盛りの天神様でした。

ご挨拶します。

亀戸天神とか湯島天神のように、天神様、学問の神さまというより、もっと人肌というか人間の感じがする神社だなと思います。
ここ、天神様なんだけど、主祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)です。
医薬の神さま。人々の傷を癒す神さまで、病からの回復を祈るところ。
だから、なのかな。

日本橋の薬祖神社はこちらのご分霊。
薬祖神社もかなり良いので、おすすめです。薬祖神社の記事 → https://divinus-jp.com/archives/36077

ご神紋。

粟(アワ)なのかな。粟穂紋というそうです。
これ、なんで粟なのかな、と思ってググっていたら自分のブログに突き当たりました(笑

以前の記事から

稲よりも日本に渡来した時期は早く、育成時間も短く、
以前はよく食べられていたらしいのです。
食と身体、健康は結びついているのかもしれません。
あと、五條天神社の名前の由来も書いてあった。
お名前の五條は、以前上野にあった五条町からだそうです。
今はアメ横の入り口近くになります。
天神は、上野公園内の天神山(摺鉢山)に創建されたことから、とのこと。

だそうです。過去の自分、ありがとう。過去記事 → https://divinus-jp.com/archives/18719

境内にはお稲荷さんがおられます。
ただ、これ境内と書いたのですが、兼務社とされていて、実はお隣の神社扱いのようです。

花園稲荷神社

もともと、お稲荷さんがおられたこの場所に、天神社が御遷座されてきたという感じみたいです。

公式サイトはないのですが、ネットで宮司さんのインタビューをみつけました。

https://uenogasuki.tokyo/2015/05/special-interview-2-8.html

こちらのお稲荷さんのご社殿の隣にあるのが穴稲荷(あないなり)
ここから先は撮影禁止。

湿度のある非常に「らしい」場所です。
もともとお稲荷さんは、現世利益に近い神さまであるせいか、とてもリアルに感じます。

例えば、王子稲荷神社の狐穴、品川神社の阿那稲荷下社も狐さんの穴があります。

そして、外にでると春の光。
花盛りの神社です。

五條天神社 東京都神社庁のページ

対面鑑定は、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク