メール鑑定

宇都宮二荒山神社

二荒山神社と称される神社は、こちらと日光の二荒山神社です。
こちらのご祭神は豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)であり、日光のような山岳信仰をもとにした聖地ではないようです。
豊城入彦命は崇神天皇の御子神さまとされておられます。

ご社殿にあがるのは結構な階段。

ここは古い地図でみると台地のへり。
川に挟まれた場所です。古い地図がありました。

こういった台地の先、川の合流地点でも多くの聖地となっている場所も多いですし、
防衛上も川が自然の堀となるので防御しやすいことから、お城も多くあります。

宇都宮にお城もあったそうです。今は公園となっています。

ご挨拶します。

なんか、八幡様に似ている。
ご祭神の豊城入彦命の四世孫奈良別王が下毛野国の国造となられた時に、豊城入彦命をお祀りしたのが最初だそうです。
この地を開拓し、豊かにしていただきお守りいただける神さまです。

ちょっと武士の感じもするのは、古くから武士の必勝祈願の神社でもあり、ここの先にあったお城のためかもしれません。

本殿の横から

神さまの近くからご挨拶できる場所があったので、ここでも。

初辰稲荷神社。
すごい、力があるなあ。

井戸がありました。明神の井。

以前から地元の方には「明神様」と慕われているそうです。
社報では「明神さま」とタイトルされておられて、公式サイトでバックナンバーを読むことができます。→ 社報「明神さま」

最初の階段でみたように、ここ、結構な高台になっています。
それなのに、このなんとなく苔があってしっとりした雰囲気もある水性豊かな場所です。

もともと、川のそばの台地で住みやすい場所で、川の氾濫から逃れることができて、しかも水が得られる聖地だったのかもしれません。しかも城の籠城の時も使える井戸があるのも貴重。

末社の市神社と須賀神社。ご一緒におられます。

市神社のご祭神は大市姫命(おおいちひめのみこと)
須賀神社のご祭神は素戔嗚尊(すさのうのみこと)
大市姫命は、古事記の神大市比売(かむおおいちひめ)でしょうか。するとお子神さまが宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で素戔嗚尊を夫とされておられるので、こうした相殿でご一緒におられるのもわかります。

こちらの狛犬がファンキー。

ご神馬はこちら。

宇都宮は、その昔は蝦夷(えぞ)への入り口。
それから、交通の要衝。
その地を守っておられる神さまです。

宇都宮二荒山神社

対面鑑定は、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク