メール鑑定

ウラヌスリターン 2020年5月

以前、ウラヌスリターンについて書きました。こちらです。
2017年の年末の記事なので2年半前の記事なのですが、ポツポツ読んでいただいているようなので、ちょっと読み返していました。

この記事の当時は、核兵器を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約の採択に主導的な役割を果たした国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)への、ノーベル平和賞の受賞がありました。
その授賞式でのサーロー節子さんのスピーチに感動して書いていたのだと思います。

その時はこの記事にあげた西本貴美子さんと、若宮正子さんの誕生日がわかりませんでした。
なので、2017年では出していなかったのですが、今になるとネット情報ですがお誕生日がわかったので、ホロスコープを見てみました。
お誕生日を調べる過程で、西本貴美子さんと若宮正子さんの近況の情報も入ってきて、またまたびっくりです。

西本貴美子さんはやはり、というか今はInstagramをやっていらして、フォロアーは22万人以上。
@kimiko_nishimoto インスタグラム

最近は、ポッカサッポロのキレートレモンのキャンペーンにもでている。可愛いなあ。
キャンペーンが終わったら、サイトが閉まってしまうことが多く、惜しいのでスクリーンショットでご紹介。
この左下のカメラをもってる方です。

キレートレモン ダブルレモン キャンペーンサイト

西本貴美子さんのホロスコープ

西本さんはブラジル生まれで、小学校の時に日本の熊本へ戻られています。
時差を考えてもたぶん太陽は、双子座のしょっぱな。
この双子座の太陽は、新しいものへ興味津々でいつまでも若さをもっています。だけど、火星と天王星、海王星としか組んでいません。

そして、hinadanというゲームをプログラムされた若宮正子さんは、これまた、YouTubeチャンネルをやってらして、バンバン動画をあげておられる。

そして、「おうちに放送局、作っちゃいました」あら~。素晴らしい。


(音でます)

若宮さんの誕生日も2017年当時はわからなかったのですが、今はネット情報ですがお誕生日がわかりました。

牡羊座の太陽と水星が、誰もやっていないような事でもやっていく元気ありあり。でも、この太陽も天王星が近くにあって冥王星と強い配置があります。

西本さんのカメラからインスタグラムへの流れ。
若宮さんのプロブラムからYouTubeへの流れ。
このご時世、この当然の流れだと思うのですが、それを軽々とやってしまうウラヌスリターナー(私の造語です)

手強い(笑

そして、この新型肺炎の流行、緊急事態宣言での外出自粛で、シュンとなってしまった気持ちに、彼女たちは火をつけて(牡羊座太陽の若宮正子さん)、それを燃え立たせる風(双子座太陽の西本貴美子さん)を起こしてくれます。

彼女たちの明るさ強さは、凶星と呼ばれる天体や、トランスサタニアンとういわれる遠くの天体が鍛えてきたものだと思います。
もちろん、いろんな事があって、そこを無視するわけではないのですが、彼女たちとホロスコープをみていると、明るくなれるし、よくわからないけど大丈夫そう(いいかげん)だと思えるのです。
このブログを読んでいる方のなかには、占星術をお勉強されている方も多いと思います。
占星術を勉強すると、自分のホロスコープで気になるところがでてきます。
でも、彼女たちの今の輝きと、彼女たちのホロスコープは、そんな私たちにとって、遠くに見える灯台、遠くにかかげられた光、行く道を照らしてくれてるように思うのです。

そして、土の結晶のダイアモンドがダイアモンドで磨かれるようなネイタルチャートをお持ちのサーロー節子さんのノーベル平和賞のスピーチをもう一度、ここにあげておきます。

サーロー節子さんのノーベル平和賞のスピーチ。(お時間のない方へ:1時間11分あたりから)

日本語訳は、こちらで読めます。朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタルの掲載時期が切れたときのために、もうひとつ日本語訳のリンクを張っておきます。こちらで。
サーロー節子さんは、このスピーチのなかで、彼女の「光」についても語っています。

「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました

スポンサーリンク