メール鑑定

品川神社 本殿

古い鳥居をくぐります。
境内鳥居の、石造鳥居。
三代将軍の側近が寄進したもので、都内で二番目に古い鳥居だそうです。
ちなみに、一番は上野の東照宮。

sina11

本殿にご挨拶。

sina13

こちらは、千葉の州崎神社から
州崎明神を勧請したのが始まりだそうです。
もともと、海近くの神社ですから、
航海の安全を祈る神様を、勧請するのは、わかります。
そのあと、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)、
須佐之男命(スサノオノミコト)をお招きしたそうです。

ご挨拶すると、海の潮流のような、静かで力強い感じです。
うっかり海岸線から遠くに行ってしまうと、
抗いようのない力で
連れて行かれてしまうような力です。

sina14

州崎明神が、なんだかちょっとわからないです。
この力強さは、スサノオさまもあると思うけど
州崎明神の強さなのかな?
州崎明神って、なんだろなあ?と思っていました。

帰ってから、この州崎明神、州崎神社について調べましたが、
やはりちょっとわかりません。
ただ、千葉の一の宮には、安房神社と州崎神社と両方あり
これについては、どちらが正しい、ということではなく
両方とも一の宮なのだと思いました。
どちらかというと、セットになっている感じの二つの神社です。
ふたつでセットになっている神社というと
静岡の三嶋大社と白浜神社のような、ご夫婦のような関係です。

いづれにせよ、静かで力強いエネルギーです。

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)については、別の御社殿がありました。
これは、次の記事に続きます。

手水舎。カッパがいました。

sina12

品川神社(東京都神社庁のページ)
東京十社(富岡八幡宮のページ)

スポンサーリンク