メール鑑定

青渭神社(あおいじんじゃ) 調布市

深大寺に近い神社です。江戸時代には深大寺の鎮守さまだったそうです。

鳥居に入る前。鳥居に向かって左にケヤキがあります。

このケヤキは江戸時代にはすでに有名で「江戸名所図会」にも描かれているそうです。
動画で。

扁額。

石で龍が囲んでいます。

手水舎。

支えているのは、こんな方々。

よく、仏さまの四天王に踏まれている邪鬼に見えるけど。
ガンバってね。

ご挨拶します。

公式サイトをみると、御祭神は水神様とされています。
お名前は、青渭大神(あおいのおおかみ)、水波能売大神(みずはのめのおおかみ)、青沼押比売命(あおぬまおしひめのみこと)と申し上げます。

「渭」というのは水、川を示す古い文字で、渭伊神社でもこの文字が使われていたのを思い出しました。

でも、むしろこの境内はカラっとした雰囲気があります。

ご創建は不明だそうですが、社前に広がる境内地には大池に滾々と湧き水あり、青波を湛えていた所からだそうです。
いまは、それほど広くない境内ですが、目前の街道をはさんで向かい側に、東京都立農業高等学校の神代農場があります。
農業高等学校のサイトをみると、ここには湧水もありモチ米やわさびの栽培もしているようです。

東京都立農業高校のサイトから)

東京都立農業高校のサイト 神代農場の写真です。

この写真の右上の方は中央高速道路。神社は左下でしょうか。
深い谿谷のようすが見えます。
国分寺崖線だそうです。
この近くにある深大寺も水が豊かに湧いている場所ですし(ゆえに、お不動様がおられるのはピッタリ)
清浄な水がとれるところというのは、聖地の条件のひとつです。

目前の街道をはさんで向かい側。
この森の奥に昔から神さまはおられるのだと思います。

渭伊神社の記事 → https://divinus-jp.com/archives/47534

国分寺崖線について 世田谷区のサイト →  https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/010/003/001/d00012078.html

青渭神社

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク