メール鑑定

馬橋稲荷神社 手水舎

高円寺の住宅地の真ん中なのに、
こんなに森を感じるところは、すごいなあ、と思っていると
どこからか、水の音がします。
稲荷神社なので、本来、水の神様ではないのですが、
なんだか「水」っぽい。
不思議だなあ、と思ったら、こんな看板が。

maba6

帰ってから調べてみたら、
このあたりは桃園川という川が流れていたそうです。
杉並には、ほかにも善福寺川が流れていたりして、
多摩丘陵の谷の部分を川があったことを
感じさせる地形になっていました。
そのあたりは、中沢新一さんのアースダイバーに詳しいです。

そして、今は、桃園川がそうであったように、
昔の川は、蓋がされていて、
その存在がみえなくなっているものが多いようです。
でも、こうして明らかに「水」「流れ」を感じさせる場所も
しっかり生きているのです。

鳥居の下には、橋がかかっていて小さな流れを渡ります。
このあたりも、稲荷っぽくないつくりです。

maba4

参道をすすむと、実際の距離より長く感じますし、
また、今、ここ、以外の、過去から未来までの時間を感じます。

maba7

そして手水舎。すごくリッパ。

maba8

下の羊歯(しだ)も、青々と茂っていて、
湧き水を流しているような手水舎です。

maba10

手水舎の山に龍が登っています。

maba9

この手水舎自体が、パワースポット。
龍の後の岩にも、注連縄(しめなわ)があります。
ここ、ぜったい水のお社だなあ、と感じました。

金魚もいたよ。

maba5

馬橋稲荷神社
アースダイバー Amazon

スポンサーリンク