メール鑑定

豊川稲荷 霊狐塚

豊川稲荷、ですが、神社ではなく、
圓福山妙嚴寺という名称の曹洞宗のお寺です。

本殿から、さらに、奥へ。
ここらあたりが、この豊川稲荷の源の場だと思います。
20150933

途中にいくつかのキツネさんが門番にいます。
20150934

霊狐塚。
20150937

それほど広くない場所に、ぎっしり。
20150947
20150948
20150935

これほどの視線を感じると、
感覚としては「コワい」と感じるかもしれません。
ぐっと、丹田にチカラをいれてないと
ひょいっと、持っていかれてしまいそうです。
キツネは、各地からの奉納の石の上に乗っています。
ああ、そうか。このキツネたちは、各地に飛んでいってるんだ。
神使として各地で仕事をした、キツネの帰ってくるホームになっているみたい。
稲荷山にはなっていないので、
大きなお稲荷さんとして知られる伏見稲荷とは別。
これほどの使いを遣っているのは、豊川枳尼真天という方は、すごいなあ。

ここは、祈願する場所ではないと感じます。
あくまでも、神使の様子をかいま見せていただいた、という感じ。
ダキニテンさまを経由しないで、この神使を遣うのは難しいですし。

祈願や祈祷といえば、ご自身でされるより、
祈願は神職、祈祷なら僧侶にお願いするのが良いと思います。
「幸せになりますように」という願いは、
「今は、幸せではない」という念を送ってしまうことになります。
それは、「幸せでない私で、お願いします」という事ではないでしょうか。
そこで、神職や僧侶に依頼すると、「今は幸せではない」という念を抜きにして
神さま、仏さまに祈願祈祷する事ができると思うのです。
「よい人にめぐりあいますように」は「ヘンな縁しか、めぐりあっていません」
「お金がたくさん欲しい」は「お金がありません」
という念を送ってしまうと思うのです。

そして、この木々のエネルギー。
20150936

ここに渦巻いているモノ、人の念を、スカッとあげています。
この木がないと、あがらないモノも多いので、
天気の悪い時や、時間が暗くなってからは、おすすめできません。

霊狐塚からの出口。
ほっとします。
20150938

豊川稲荷
豊川観光協会の豊川稲荷のページ

スポンサーリンク