メール鑑定

熱田神宮 一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)

熱田(あつた)神宮。
本宮にご挨拶したあと、本宮の裏手、
北西の方向にある一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)に参ります。
途中から本宮の屋根が見えます。
201509128

千木(ちぎ)は内そぎ。
内そぎとは、木の向きが水平のもの。
全部がそうではないらしいのですが、
そのお宮にいらっしゃるのは、女性の神さまと言われています。

やはり、それは正面でお参りしたときに感じたものと同じです。
そして、大きいパワー。
境内のあちらこちらに、バラバラっとあったパワーとは全く別の大きさです。

その奥に一之御前神社。
201509130

こちらは以前は、通れなかったようですが、現在は通行可能。
公式ページには、ご祭神は天照大神さまの荒魂(あらみたま)とありますが、
いただいてきた境内の地図には、
熱田大神(あつたのおおかみ)の荒魂とありました。
同じ神さまとされていて、それはそれでいいのですが、別のパワーを感じます。
こちらは波動が荒く力強く、本殿の伊勢神宮のような静けさはありません。

本宮の裏手からも参拝できます。
真後ろからご挨拶します。こちらの方が、神さまに近い。
草薙の剣がこちらのご神体だそうですが、
剣という金属に込められた魂を感じます。
201509127

そして、本宮の真後ろに小高い丘のようになった場所があり、
入口が設けられていました。
昔の防空壕だと聞きましたが、
第二次大戦の空襲のときは、この防空壕に
ご神体をおうつししたこともあったそうです。
写真にとっても、だたの雑木林なのですが、
ただの防空壕、というには
今も、何かが納められているような気配もありました。
201509132

この本宮をまわるようにできている道は「こころの小路」となっていて
9時から16時までは入ることができました。
でも、冬などは暗くなるので、16時でもちょっと、遅いかもしれません。
参拝される方は、日の高いうちに。
201509129

本宮と、一之御前神社、かなり違う波動を感じました。

熱田神宮


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク