メール鑑定

砥鹿神社(とがじんじゃ)

砥鹿神社(とがじんじゃ)は、こちらの里宮と、本宮山の山頂にある奥宮があります。
今回は、里宮にうかがいました。

本来でしたら、まず本殿にご挨拶するのですが、
今回は、外苑におられるこちらから。
荒羽々気神社(あらはばきじんじゃ)
20150951

本殿のご祭神の大己貴命(オオナムチノミコト)の荒魂(あらみたま)をお祭りしているとのことですが、
とても、古い感じがします。

神門。一の宮らしい注連縄(しめなわ)があります。
20150954

神紋、ちょっとおもしろい。
20190950

亀甲に亀卜(きぼく)だそうです。亀の甲羅の占い。
ヤマトの神がこの地に来る前からの聖地だったのだと思います。

境内は、一の宮らしいのびやかな空気があります。
20150963

ご挨拶します。
20150956

ご祭神は、大己貴命とのことですが、
同じご祭神とされている出雲大社とも
大物主とされる大神神社とも、違う波動です。

その地方の神様が、ヤマトの神話に取り込まれた結果、
すべて、同じ大己貴命という名前になったとも聞いたので、こちらもそうなのかもしれません。
20150957

社務所前の神亀石。
20150955

一応、さわってみました。悪い感じは、なく、むしろ、かわいい。
健康長寿のご利益があるとのことですが、どうでしょう。

拝殿前の松。
すがすがしく、のびやかな一の宮です。
大己貴命の穏やかな面でしょうか。
20150964

砥鹿神社