メール鑑定

ノンデュアリティは、「ありのまま」ではない

ノンデュアリティについて、何冊か読んでいます。

そのなかで、たぶん、アマゾンで売れていて、評価も高い本ですが、やはりおすすめが難しいなあと思う本がありました。
ノンデュアリティって、本で理解できるものじゃないのですが、言葉によって、良くも悪くも、新しいナニかに気がつくことがあります。

この「売れている」本で、私がひっかかったのは、この本のなかで、ドラッグで人格(あるいは、家族)を失いかけている方に対し、それを肯定している部分です。

確かに、この著者のノンデュアリティの考えでは、ドラッグでも犯罪でも、単に出来事であり経験であり、良くも悪くもないでしょう。
本質は、そうでしょう。

でも、ドラッグで、人格や家族を失う経験をしている方は、ノンデュアリティは、向いていないのではないでしょうか。それは、「そのままでいい」という単純な理解でもないと思うのです。
その方には、私は、現実という分離の経験を、もう一度してからでも、遅くないと思いました。
それは、ノンデュアリティと分離の経験と、どちらがエラいとか、そういうことではありません。
赤か青かいう色の違いと同じで、どちらも貴重です。

この世に生まれている(という幻想、経験だとしても)以上、現実や、身体にこだわるのは必要だと、私は思うのです。
それが、「現実という幻想」だとしても、その幻想は貴重なものですし、それを大事にしたいと思うのです。
また、その幻想は、つらい必要はないと思いますし、楽しい方がいいと思います。
そして、幻想の一部となっている家族や友人も、同じではないでしょうか。

現実という分離に足を置く事は、ノンデュアリティに限らず、霊性に触れる事や、スピリチュアルな理解を深めるうえで、欠かすことのできない部分だと思うのです。
かといって、現実という幻想にばかり、こだわっているのも、霊性に届かないことになり、「もったいない」とも思うのです。
矛盾することですが、この矛盾は、まるごと受け止める価値のある矛盾だと思います。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク