メール鑑定

神対応

このところ、続けて同じ事を言われたので、ちょっと書いてみました。聞かれた方の個人情報保護のために、多少の創作があります。

「神社で、おみくじで凶をひいたのですけど、大丈夫でしょうか」

その前にお参りをしました?「しました」
なにか、ご祈願やお願いごとがあったのですか?「ありません。いつも、神社の参拝には、感謝をつたえています」
そのほかに、そのおみくじには、何が書いてあったか覚えていますか?「なんだっけなあ~」

「感謝だけです」の参拝もいいと思うのですが、もしできたら、感謝のその次もお伝えするとよいと思うのです。

『自分はたまたま、こちらの神さまとご縁ができて、参拝させていただけた。
そして、毎日、神さまに見守っていただけていて、うれしい。ありがとうございます。
でも、この世界には私以外にも困っている方がいる。その方も良くなりますように。災害や戦争がない世界でありますように』

ずうずうしく、デカい(笑
「おまえにできんのかよ!」ですけど。でも、いいと思ってます。

「感謝だけです」のなかには、自分のことを神さまにお願いしていいのかな?という遠慮もあるかもしれません。

でも、ご自身のこと、あるいは家族、知人のこと、恋人のことでお祈りして、ご祈願することは当たり前です。
そして、毎日の暮らしのなかで、神さまとはいえないとしても見えない何かに支えられて、実際には家族とか友人に助けられていることに感謝するのも、わかります。有り難いです。

でも、その先の世界、宇宙を愛して、そこに思いをすることも、大事だと思うのです。

そして、カンタンで短い祝詞「トホカミエミタメ」「祓いたまえ、清めたまえ」だけでもいいので、祝詞もおすすめ。
これを書くとまた、アレなのですけど、祝詞ってお祝いの言葉。
私にとって日本語でしっくりくるアファメーション、あるいはアフォメーションの言葉です。
世界を祓って、祝福し、何かを発動させるには、かなり強力だと思うのです。古神道祝詞のCDについて記事を書いています。こちらの記事で。

そして、そのあとのおみくじは、神さまからの回答。神回答。

「凶」だと気になりますよね。

でも、「ダメ!」じゃなくて、
「ちょぉっっと~、今は無理かな~」というニュアンスではいかがでしょうか。

大事なのは、そこに書いてあるメッセージ。和歌のことが多いと思います。
ちょっと難しいのですけど、そこメッセージを大事にして、その後の日々を過ごしたいと思うのです。

神社のお参りやおみくじについては、いろんな方がいろんな事を書かれていますし、専門の方のご意見もあると思うのですが、私は参拝をするときに何かご祈願をして、おみくじをひいたときに「凶」だったら
「ちょぉっっと~、今は無理かな~」とか「スムーズにはいかないから、ちょっとガンバってみよっか~」という神回答だと思っています。

そして、どうしも気になる、ということなら、専門の神職、住職にお願いして、凶の気持ちをお祓いしてもらったり、神さま仏さまに願いをとどけてもらうことです。

これは以前から、時々、書いているのですが、縁結びで有名な神社で熱心にお祈りしていて、うしろに長ーい列をつくっている方が、時々います。
でも、それって、自分自身に「縁がない、もてないオーラ」を焼き付け、相手に、あるいは、まだ出会ってない誰かに執着をくっつけているようなもんだと思うのです。

神さま仏さまへのお願い、伝言は専門家に頼みましょう。

神さまは、人間を愛していらっしゃると思うのです。(それは人間がそもそも神さまだから、という話はメンドくさくなるので、あとで)
「自分(神)、なにをしてあげられるの?」と思っているんじゃないかと思うのです。
だから、世界平和をお祈りすると、そこに向けて神さまのおはたらきが動くと思うし、
ご自身のお願いがあれば、なんとかしてあげようと、お考えになると思うのです。

なので、感謝するだけでは、「で?」だと思うのです。
神対応を期待するなら、きちんと思いを伝えることと、そして、その先にも愛を届けてみてください。

スポンサーリンク