メール鑑定

土星が 水瓶座へ 2020年12月

2020年12月17日 土星が、山羊座から水瓶座に移動します。
2023年3月7日に魚座に移動するまでの3年と数ヶ月は、水瓶座の土星の時間です。

土星は「コワい」と思われているかもしれませんが、 私は、そうは感じません。
きちんとカタチにする星です。現実化し、継続させるための天体です。
森の成長において、不必要な枝は、はらうことで、枝の下にも太陽の光がさし、豊かな森となります。また、枝をはらわれた木は、太陽を目指してまっすぐに伸びます。

土星は、そんな作用があるような気がします。

実は土星は2020年に一度、水瓶座にありました。
2020年3月22日から7月2日までです。
この間に起こったことが、これからの水瓶座土星を垣間見せてくれていました。
もしくは「お試し期間」だったのです。

1.2020年3月から7月までの水瓶座土星のお試し期間
この間に起こったことといえば、緊急事態宣言がありました。
今まで出社しなくては仕事にならない、ということから、リモートワークに移行し、
ある一定の距離をとるソーシャルディスタンスが求められました。
接待をともなう飲食店は感染のクラスターが発生しているとして、自粛や予防が求められました。
映画やライブ、大きなイベントなどは中止となりました。

これは、水瓶座の土星のルールが働いたものだと思います。

とにかく会社に行かないといけない、会社に隷属(れいぞく)する象徴として出社を求めるのは蠍座。
飲食店というのは牡牛座。
映画やステージというのは獅子座です。
それぞれ、水瓶座とオポジション、あるいはスクエアとなるサインに強く働きかけていました。

その後、土星や山羊座に戻ると「経済をまわす」という事を言われはじめたのも、直近の現金、この四半世紀の売り上げにこだわる山羊座の示すものだと思います。

そして、その間に、私たちは新型コロナウィルス感染症に対抗する手段を考えています。

やはり現場にでないとできない仕事とリモートでできる仕事が別れていったり、お店では換気や消毒を徹底したりして営業しています。
また、映画やステージも感染対策をして少しずつ始まりました。

2020年3月から7月までのお試し期間はラクではなかったけれども、以前より私たちは「知恵」「知識」を得ています。
それが、水瓶座土星のもたらしたものだと思うのです。

2.山羊座土星と水瓶座土星の比較
土星は山羊座を支配する天体です。また、山羊座の次に土星が移動していく水瓶座も、古くは土星が支配します。
なので、この山羊座から水瓶座にいたる6年は、土星のもっとも活躍できる時間ともいえるのです。

山羊座の土星は、社会や組織、システムなどをルールし確立し、現実化していきます。
社会に認められるように現実化し、きちんとカタチにする天体です。
組織が長続きさせるために、やり過ぎを整え、不足している部分を補うようにします。

一方で山羊座の土星はナショナリズム、愛国心の成熟を求めました。
トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」小池東京都知事の所属政党である「都民ファースト」は、そこにいる人をもっとも重要ということだったのですが、裏返すとそれ以外はどうでもいいというメッセージもあったように思います。

土星の作用のひとつである区分する、線をひくという事で、いろんなレイヤーで対立が表面化してしまったのかもしれまん。
この「ファースト」とされたのグループの内側に入ると、すぐに得られるお金や権力があったように思います。
でも、そのグループのなかでさえ、さらに細かく対立構造があり、最終的は個人同士のマウントの取り合いになってしまったのではないでしょうか。

この山羊座の土星のつくった「線」を壊して、あるいは乗り越えていくのが水瓶座の土星です。

3.前回の水瓶座土星の時は
前回、水瓶座に土星があったのは1991年から1994年です。
1991年には湾岸戦争、ソビエト連邦の崩壊があり、バブルが崩壊し失われた10年(あるいは20年、さらに)が始まったときです。
1994年には、北朝鮮の金日成書記長が亡くなり、ノーベル平和賞にパレスチナ解放機構のアラファト議長、イスラエルのラビン首相やペレス首相の3人の受賞がありました。
また、この間、日本では長く続いた自由民主党政権から、日本新党の細川内閣へ政権が交代し、アメリカの大統領も共和党のブッシュ大統領から民主党のクリントン大統領に替わっています。

山羊座のもつ今、ここへの「こだわり」や実績重視から離れて、水瓶座の理念を追い求めていくときに政権の交替があったようです。

ただ、この水瓶座では理念をもつことは大事である一方で、あまりにもそこを徹底すると人間味のない、理論でわりきりすぎる、クールすぎる方向に振り切ってしまうのはちょっと気にしておきたいところです。

4.山羊座の土星で得たものを核にする
水瓶座の支配天体が天王星ですが、その前は土星でした。
山羊座から水瓶座にいたる流れのなかでは、前のサインを否定する動きがあります。
水瓶座は山羊座の動きを否定して、あるいはそれを越えていきますが、その核には前のサインであるや山羊座の土星があると思います。

この山羊座の土星の期間では、「売りがあがるのがエラい」「効率が悪いものはムダ」という価値観がありました。
そういった価値観の組織、社会のなかで、自分のできることを着々と積み上げてきたと思います。

でも、これからの3年は、今、この場(会社、組織、グループ、国)ででている結果、数字には意味がなくなっていきます。
国として経済がいくら大きくても、個人が生活が楽ではないと意味のない数字だからです。

また、権力というのは山羊座の示す上からのパワーですが、水瓶座では議会の場になります。
日本では、横並びの圧力だったり、あるいは上からの指示がないと動けない空気感があります。
議会政治とか、民主主義が日本に本当に根付いているとは今は思えません。
水瓶座に土星が入ると、そこが問題であるという事が浮き出てきますし、それを克服することで強みとしていくのが土星なのですが、どこまで土星のテーマに答えることができるでしょうか。

また、グレートコンジャンクションのエレメントが変わっていくミューテーションによる価値観の変化は土から風へかわっていきます。
「何を持っているか」ではなく「どんな情報をもっているか」「誰とつながっているか」「どこくらい影響力があるのか」が重要になっていきます。
縦の組織ではなく、個人が横につながる関係です。

そこで世界から問われるのは個人です。組織ではありません。
「で、あなたはナニを持っているの?ナニができるの?」と世界から問われていきます。

でも、山羊座土星の時に得たものが役にたたないわけじゃありません。
山羊座の土星の時期に得たものをこれから、個人として、あるいは組織を離れて、または上下関係のないつながりのなかでじっくりと示していきます。

「○○会社の課長」という肩書きは山羊座の土星の示すものです。
それに対し水瓶座の土星では、「××という事ができます」といえるナニかです。
免許とか資格に限りません。
例えば「誰とでも仲良くなれること」「どこでもスグ、眠れること」それもあなたができることです。
あなたができることは、なにかをちょっと確認しておいてください。

そして、「風」の時代は情報をもっていること、誰かとゆるくつながっていることも大事です。

個人で動くといっても、もっと広い世界で通用するものといっても、その能力が必要ですし、対人関係をきちんとむすべるスキルと気持ち、あるいはマナーといったものが必要です。
「この場の責任は、私がもちます」と言えることが、水瓶座土星の象徴である一人親方になっても必要だからです。一人親方→WIKI
自分の能力と個性があるからこそ、相手の素晴らしさもリスペクトでき、その結果「みんな違って、みんないい」(金子みすゞ)と思えるようになると思うのです。

海外旅行にいったことを考えてみましょう。

「○会社の課長です」では、ヘタをすると理解を得られません。
でも、「歌が上手です」はすぐ、わかります。歌ってみせればいいのです。
そして、山羊座の土星のしめすローカルな文化をしっかり持っていることも、海外では大事。
「和服をちゃんと着ることができます」も、すぐわかるのです。

そんな一人親方に、上司からの指示や会社からの命令ではなく、友達からの「一緒にやってみない?」というお誘いがくるのです。
このお誘い、コラボレーションにはノっておくことです。
そのお誘いにいつでものれること、それからそういった知り合いが多いことが基本にあるのです。

山羊座の土星の3年間に得たもので、さ、行くよ。

これは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク