メール鑑定

伊豆山神社 2020年

もう、何度も参拝している神社で、すっかり記事を書いているつもりでした。
でも、サイトに記事がなかった、あらら。

で、今回もいつもの参拝だったので、写真をあまり撮ってないというオマケつき。

手水舎。

紅白の龍はこちらの象徴、神使、というか神さま。
公式サイトには、「伊豆山の地下に赤白二龍交和して臥す」とありました。

こちらの神社には、源頼朝と北条政子が腰掛けてデート(というか、平家討伐の作戦会議かも)をしたことから、縁結びの御利益もあります。
そして、縁結びのご縁をいただくのは、この紅白の龍の象徴でもあり、お守りやご朱印帳にも描かれています。

最初にお参りしたときに、温泉の匂いと水の匂いがしました。
この紅白の龍は火の赤と、水の白という温泉の象徴でもあると思うのです。

境内から海が見えます。

この時は雨でしたが、より土と水の匂いがします。

ご挨拶します。

ご祭神は、伊豆山神。
火牟須比命(ほむすびのみこと) 天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと) 栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと) 邇邇芸命(ににぎのみこと)

古事記や日本書紀の神さまというより、伊豆の地下にうねっている二頭の龍神と山の神さまという感じがします。

この神社の海側には、温泉が流れでている走り湯というところがあって、かつては伊豆山神社の神湯として信仰されていたそうです。
赤い火のエネルギーと白い水の龍が地下でうねっている温泉のイメージそのままです。

拝殿で見上げると、龍。

雨が降ってきます。

拝殿の右側に回ります。

白山神社の遥拝所

白山社と本宮社をこちらから、拝します。

ここから本宮社にあがれます。かつては修験道の道だったそうです。
あまり、こういった時にお願いをする事はないのですが、ついお願いをしてしまいました。
この新型ウィルスによる感染症の鎮静と、知り合いの病気平癒のお願いです。

雷電社

ご祭神は、伊豆大神荒魂と雷電童子(瓊瓊杵尊)

境内にはいい感じの池や、小泉今日子さん奉納の大きな鳥居もあるのですが、写真を撮ってません。

次回はしっかり撮ってきます(笑
祈願が成就したら願ほどきにも来なくちゃ、ですから。

走り湯 熱海観光協会のサイト

伊豆山神社


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク