メール鑑定

瀬田玉川神社

ちょっと高い場所にいらっしゃる神さま。古くは御嶽神社と称されていたそうです。
御嶽山の信仰ではなく、高い場所、崖の上にある神社という意味だそうです。

この多摩川にそった土地は、国分寺崖線といわれていてちょっと高くなっています。
そういった場所には古くから寺社が建てられることが多く、また、多摩川沿いには古墳もあります。

参道は階段になっています。

お参りしたのが12月なのですでに、正月モード。

ご挨拶します。

ご祭神は、大己貴命、少彦名命、日本武尊。
この地域を守っていらっしゃる神さまですが、なんとなく仏教っぽいなあ。

この拝殿をまわると富士山がみえるという看板がありました。
でも、この日は見えなかったです。

それだけ見晴らしがよい、という場所だったのだと思います。
この神社の足下には玉川遊園地があり、更に神社の裏手の高台には「玉川閣」と名づける百畳敷の広い演芸場もあったそうです。
公式サイトにはその昔の写真がのっていました。

拝殿への廊下をくぐってお稲荷さんにうかがうスタイル。時々あります。

ここをくぐってすぐとなりがお寺で、その墓地が見えました。
瀬田玉川神社の旧別当であった慈眼寺だそうです。
大きいお寺で、むしろこの神社が慈眼寺の一部、という感じだったんじゃないかな。

お稲荷さんらしい、お稲荷さん。稲荷神社

新型ウィルスによる感染症がまだまだ、治まらないのですがお見守りいただき、ありがとうございます。

国分寺崖線の地図のダウンロードができます → 国分寺崖線発見マップ https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/010/003/001/d00011647.html

瀬田玉川神社


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク