メール鑑定

維摩さまに聞いてみた & あなたは尊い

仏教は大きな山だと思うのです。
登山口はいくつもあって、まだ登山道もたくさん。
お花をみながらゆっくりと、登っていってもいいし、レースのようにタイムを競ってもいい。
そして、途中でお弁当をひろげて帰ってきて、頂上まで登らなくても充分、楽しい。
一方で、その山の頂上から別のピークを目指していく人もいると思う。

そんな仏教の登山のひとつの「登山道」としてふたつ、おすすめします。
2冊とも、漫画プラス解説。


「維摩さまに聞いてみた 生きづらい人のためのブッダのおしえ」
描かれたのは、細川 貂々(てんてん)さん。実はカソリック信者。
そして、このなかでも狂言回しのようにてんてんさんは、登場されます。

維摩経というのは維摩さんと仏さまの問答のお経です。

てんてんさんは最後に聞きます。
「みにくくてきたないものだらけのこの世の中で。おだやかに生きていけるの?」
舎利弗さん(お釈迦様のお弟子様)はこう答えます。
「私にはわかりません。けれども自分がいま、いる場所をしっかり見定めて、目の前の時間を大切に、よりよい方向に進んで生きていきましょう」

私が好きなのは、維摩さんがちょっと可愛い美しい青年で描かれていることです。
なんか、物知りのおじいさんのイメージだったのですけど、こんな可愛いイケメンにニコッとされるのは、楽しいかも。

そして、最後にある釈徹宗さんの解説を読んで、もう一度、本文に戻ると「あ、そうゆこと」とわかる(気になる)事もあります。

維摩さまに聞いてみた 生きづらい人のためのブッダのおしえ


そして、もう1冊。
「あなたは尊い 残念な世界を肯定する8つの物語」

こちらは日蓮さまのお話。
監修に日蓮宗が入っています。

あの世での幸せを願うことが仏教だった時代、この世でこそ幸せになっている「べき」と説法する日蓮さま。

とにかく、いちいち日蓮さまがアツい。
そして「南無妙法蓮華経」のお題目が大声(笑

また、この漫画のなかで語る日蓮さまは方言をつかっていらっしゃるところが、ああ、こんな風に「あなたが尊い」と言われたら、説得力、百万倍だろうなと思いました。

そのなかで、日蓮さまがお母様を亡くされたお話「いなくなっても、ここにある」は、どんなにお母様を思っていらしたのかがわかります。

こんな残念な世の中で、生きている意味があるの?とつい、思ってしまう人に真正面から向き合われたお教えは、1000年の今も引き継がれています。

日蓮さまのアツさがいまも、自分のそばにある事が実感できます。

あなたは尊い 残念な世界を肯定する8つの物語


なんで、生きるのかな、と誰もが思うこと。
考えるきっかけの2冊です。

そして、仏教だけではなく占星術も、大きな山なんだよね。

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク