メール鑑定

大山阿夫利神社 鳥居と修行

ケーブルの改札を降りたあたりで、山を振り返ります。
大山は、雨降山(あふりやま、あめふりまや)ともいいますが、
海からの風を受けて、杉の枝が揺れています。
上昇気流が発生するので、雲や雨が降りやすいのでしょう。

・・・とは、思うのですが、最初、コレを見たときは、
ああ、龍が昇って、くだっている、と思いました。
IMG_201504129.1

このケーブルの駅の近くにあるのは、下社(しもしゃ)です。
境内から山頂にある上社(かみしゃ)と呼ばれる、
山頂には、古代祭祀のあともある
本社、奥社のお社にも登れて、
とてもよい雰囲気を感じますが、私はこちらから参拝。

でも、最近、登る方も増えてきたようで、
「登りは90分 下りは60分」と看板がでていました。
数字の部分は入れ替えるようになっていて、
季節や、足場によっては違うのかもしれません。

上目づかいの狛犬。力強いです。
神田明神や、寒川神社の狛犬も筋肉質だったなあ。
神田明神の記事と、寒川神社の記事です。
IMG_2015041211

この狛犬もそうですが、大山阿夫神社のパワーのひとつに、
なにかを断つ、とか、出発するとか、を
力強く押してくれる力があります。
下社の近くには、修験道の行場(ぎょうば)が残っていたり、
パワースポットとして紹介されている滝やお社があります。

私は、そこは、修行をする場であっても、
お参りにいく場ではないと感じたので、
一度、行ってからはうかがっていません。

ただ、こういう場もあるんだなと感じました。
また、真剣になにかと向き合って、
あるいは、浄化させる必要のある方々の場に、
軽々しく踏み込んではいけないと思いました。
そういった必要ある方、ご縁のある方は、うかがってみてください。

鳥居をくぐる前にいるのは、鹿。
エサがでている時は、買ってあげます。
今日は、お客さんも多いので、もう満腹みたい。振り返りもしません。
IMG_2015041210.1

国家安泰、天下泰平の鳥居です。
IMG_2015041211.1
最初、これを見たときは、細かい個人のお願いなんて
聞いてくれそうもないなあ、と思ったのですが
お山の神さまは、そうではないようです。

小田急がやる気をだして、大山のサイトが充実しています。

大山阿夫利神社
大山ケーブルカー

スポンサーリンク