メール鑑定

法隆寺展(東京藝術大学大学美術館)

法隆寺展なのだから、
法隆寺で見ればいいじゃない?
と思っていたのですが、そうではなかったです。

horyuji1

もちろん、法隆寺所蔵の展示もあるのですが、
関連した芸大の展示や、
消失した金堂の模写は、法隆寺では見られないものだと思います。

お堂で見る仏様とちがって、こういった展示になると
その雰囲気が違うのですが、
彫像の場合、背中の様子もみられるのは貴重です。

やはり、仏様はいいなあ、と思います。
救われる対象である私たちがいるからこそ、
仏である自分がおられるそうです。
ゼッタイ、救います、
というの心強いなあ、と思いました。

広目天などもあったのですが、踏まれている邪鬼って
なんか、かわいいですよね。
むしろ、楽しんでいるような様子。
しんそこ悪いヤツではない、と思います。
悪さをしたのに、
「バイバイキーン」と
ご丁寧に挨拶をしていくばいきんまんみたい。

やはり、国宝の吉祥天と毘沙門天は、すばらしいかったです。
写真は公式サイトから。

horyuji2

やはり金堂の模写の迫力。
あと、書かれた仏様の、色っぽさ。

これは、陳列館での「別品の祈り」から。

horyuji8

horyuji7

これが大陸から渡ってきた時、
山や石や木に、神さまを感じていた私たちの祖先は、
さぞかし驚いたことでしょう。

これは、ヤバイだろ、と。

子供の目には、特にふれないようにしよう、
と秘仏にされたお寺も多かった事も、よくわかります。

上の画像にあったように
隣りの東京藝術大学大学美術館 陳列館では
「別品の祈り-法隆寺金堂壁画」が同時開催。

horyuji4

原寸大の金堂の模写がと、動く模写が、展示されていました。
動きは、8Kアニメーションで、スムーズできれいでした。
これは、法隆寺の金堂にいる気分だね。

horyuji6

horyuji5

会期わずかですが、機会があれば、ぜひ。

東京芸術大学大学美術館
2014年4月26日(土)~6月22日(日) 

法隆寺展
別品の祈り-法隆寺金堂壁画 (フラッシュでなければ撮影可でした)

スポンサーリンク