メール鑑定

一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ) 抜鉾若御子神社

本殿のうしろには、杉の木。樹齢1200年とされます。
201509i10

201509i11

本殿の後ろの谷から生えているので、
なかなか全体を写真に入れることができません。
こういった大きな杉にかこまれています。

本殿におられるのは、経津主神 (ふつぬしのかみ)と、姫大神 (ひめおおかみ)。
本殿は、千木は内そぎで女神であることを示していましたが、
香取神宮と同じ経津主神 (ふつぬしのかみ)を強く感じます。
この貫前神社の前宮である咲前神社では、
むしろ、穏やかで女性らしい感じがしたので、
この二つのお宮で、ひとくくりの二つの神さまのような感じです。

そして、本殿の横に抜鉾若御子神社。
抜鉾若御子

遠くからご挨拶。
ご祭神のお子神、とのことですが、古い静かな感じがしますが
本殿とは、まったく別の感じです。
フツヌシが剣で、ヒメカミが養蚕を象徴とする神であるなら、
この若御子神社におられるのは、それとは全く別の古い方。
しかも、本殿に入れないけれど、御垣内から出すような軽々しい扱いはできない方。
今は、わかりません。

以前はこちらのお寺もあったようで、その経蔵址。
苦い記憶のままのようです。
201509i12

御社殿は、杉の木に囲まれていて、静かに力のでる場所になっています。
201509i13

一之宮貫前神社 公式ページ


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク