メール鑑定

一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ) 内宮外宮 日枝神社

仮殿敷地、と書いてありました。

二十二末社。寛永期に社領内の方々を遷座されたそうです。
201509i18

アパートみたい。ちょっと、細かくなっていてよくわかりませんでした。

その隣りに日枝神社。
201509i20

ここもしっかりした波動があります。
日枝のお使いの猿もいます。
201509i21

山の神社なので、日枝神社があっても不思議ではないけれど
京都の比叡山と日枝神社の関係から、
なくなってしまった経蔵をもっていたのは、
天台のお寺だったのかな、とちょっと思いました。

伊勢の方々。
左が内宮。右が外宮。
201509i19

階段といい、よくできています。パワーもちゃんとある。

総門の隣りにあるこの仮殿敷地には、ヤマトの方々がおられて
谷の底の本殿には、古くからの方々。
201509i22

本殿のご祭神のお一柱が「姫大神」となっていてお名前がわかっていなかったり。
本殿で感じるのは、パワーは剣なのに、千木は内そぎで女神だったり。
本殿に入れない(入らない?)抜鉾若御子神社という方がいたり。
月読社という古い名前の神社に、いろんな方が同居されていて
ツクヨミ様が隠されているようになってたり。
さらに、下り宮のにある谷、というこのお宮の場所に
力をぐっとため込んでいる場所のようです。

入口の巨木。すだじい。
201509i23

大銀杏。
201509i24

一之宮貫前神社 公式ページ
境内の地図やアクセスは、こちらの 上信電鉄さんのページ が見やすいです。

スポンサーリンク