メール鑑定

笹森稲荷神社 石室

古墳のまわりを回ります。
201509si07

201509si08

周囲には、小さなお社があって、案内もされていますが、
草が覆っていて、階段があがれないところも。
遠くからご挨拶します。

すぐ北に大きな鏑川が流れていて、この流域にはいくつもの古墳があります。
本殿の近くには、鳥居があって古墳の石室が外から見る事ができます。
201509si09

古墳って、お墓なんですが、亡くなった方の念があまりないところです。
それよりも、文字とか形式にならない、
プリミティブな、でもわりと穏やかな、
波動をもった場所が多く、ここもそんな波動をもつ場所。
あまりに穏やかであるために、その場にずかずかと踏み込んで行きやすいので、
後世に壊されてしまう事も多いのかも。
でも、奈良の、特に明日香のあたりの、
あの伸びやかな雰囲気は、古墳がもつ波動が大きいように思います。
それは、埋葬者のタタリを怖れるという事から始まったとしても、
埋葬者を召還し、祭り、祈り、願い、そして、帰っていただくという
古代の祭りをなんども繰り返していくうちに、うまれるように思いました。

この石室は、3月の例大祭には、開放されるそうです。
201509si10

暗いと、ちょっとコワいね。

群馬埋蔵文化財調査事業団 笹森古墳
笹森稲荷神社 群馬県神社庁 群馬県甘楽郡甘楽町大字福島1350番地

スポンサーリンク