メール鑑定

エナジードリンク のかわりに

エナジードリンク、おかわり、じゃないですよ(笑)

エナジードリンクって、カンタンに手に入るけど、習慣的に飲むのは、あまりおすすめじゃないよね、
という話を、前回、書きました。

じゃあ、なんか、かわりにないかな、と考えてみました。

漢方では「元気がない」という時のイメージが、エナジードリンクの対象者とは、まったくかけ離れています。
「エナジードリンクを飲んで、元気になってガンバろう」
という考えがないのです。
元気がない、食欲がないというのは、大きな病気をしたあとの方や、あるいは、夏負けをした年齢を重ねた方。
主に、人参(にんじん)と黄耆(おうぎ)を主にする処方になります。
参耆剤(じんぎざい)とも言われます。
例えば、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や、人参湯(にんじんとう)。

漢方は「まず中を整える」という考えがあります。
中とは胃腸のこと。補う中の漢方なので、補中益気湯、なのです。
これらの漢方は、全身倦怠感とともに、食欲増進の効果が認められています。
医薬品なので、効果、という言葉も使えます。
元気がないときは、まず、胃腸を整えて食から、です。

アロマだと、どうかな。
イメージするのは、火星。積極性、戦い、情熱、集中力の象徴。
パチっとスイッチが入るイメージ。
火星の精油だと、パインや、ブラックペッパー、ジンジャー。
精油をつかって、アロマスプレーをつくったり、デュフィーザーでの芳香浴にしたりします。

ブラックペッパーは黒胡椒(くろこしょう)の事です。
ジンジャーは生姜(しょうが・漢方では「しょうきょう」と呼びます)です。
乾燥したしょうがは、乾姜(かんぴょう)といいます。
ともに、健胃剤という胃を治療する生薬で、食事にも取り入れやすいです。
漢方は、まず中、胃腸から。
また、両方とも身体をあたためる作用があります。
胡椒は、急激に、生姜はじんわり、と温めます。

アロマも漢方も、パチっとスイッチが入って、身体が温まって元気になる、のがおもしろいね。

エナジードリンクを飲むんだったら、アロマや生薬、食事の方がおすすめ。
年末、いろいろ忙しくなるけど、なんとか乗り越えようね。

スポンサーリンク