メール鑑定

諏訪大社 下社秋宮 摂末社

幣拝殿のとなりにあるお社。
格式が高い場所にある、というわかりやすい配置。
このような配置も、日常慣れ親しんだ配置です。

左側の本殿の奥に近い場所にあるのが、皇大神宮社。
真ん中が若宮社。右が稲荷社。
ご挨拶します。
201601103

この秋宮が、人気なのはこの通じやすさもあると思います。

ヤマトの神さまが最も格の高い場所におられます。
天照大神、豊受大神。
そして、若宮を大切な場所に置くのも、
この諏訪大社では重要。
若宮社といっても、ここでは、
各地の方々がその場所におられます。
上社前宮もそうですが、
地元の神さまは重要です。
各地の神官、あるいは神さまがここに祀られているようです。
また、この場で出会うと、
なんとも懐かしいお稲荷さん。

また、別の場所には、八坂社、加茂社、子安社、鹿島社。
201601104

子安社は安産の神さまとしても、
他の方々は、ヤマトの神さまのなかでも、ちょっとコワモテの方々。
むしろ、この場所を押さえている印象があります。

境内には、恵比寿社も。
201601107

お父神さまの大国主と、お兄さんの事代主だそうですが、
なんだか、地元の豊作を祈願する神さまっぽくって
ここまでくると諏訪大社から、かなり遠い感じもします。

下社の半纏(はんてん)を着た男性。カッコいい。
20160199

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト
諏訪大社については、八ヶ岳原人さんのサイト がとても詳しく書かれていました。