メール鑑定

三嶋大社 水神社

客殿のところにある水神社「生玉水」とあります。
201611014

以前は、お水取りもできたのですが、このときは、ひしゃくもあるけれど、汲めるような感じではありませんでした。
でも、よい水であることは、変わりがないので、手をひたしてみます。
この水は境内を流れて、結界をつくり、禊の役目もしているようです。

源頼朝と北条政子の腰掛け石。
201611015

伊豆山神社でも、ありました。アチコチでデートしてるのね、この二人。

神鹿園
エサの時間。
201611016

このときは、時間がなかったので、寄らなかったのですが、ここの宝物館には見る価値のあるものも多いです。
宝物館のまわりにも、水の流れがあって、この神社をよく表わしています。

ここにも湧水がありました。
201611017

武士の信仰もあつく、男性的なのですが、女性性である水の気配も強く感じるところです。
それは、ご祭神の后神である白濱神社(伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ))が海のそばにいらっしゃるのも関係しています。

白濱神社は、縁結びの聖地でもあり、よい所です。

また、大瀬神社(引手力命神社(ひきてちからのみことじんじゃ))も、三嶋大社と富士山を介して、つながりの深い場所で関係しているような感じがしました。
調べてみると、地脈や直線上にパワースポットが、のってくるというってくるという事が書かれたサイトもありました。自分では確認できていないのですが、そういった、パワーの強い場所を結ぶ交点、バランスポイント、ランドマークとしての神社であることは、わかります。

キンモクセイ。樹齢は1200年以上。
ご神木という感じではないのですが、この地をずっと見てきた樹。
201611018

ランドマークとしての神社であるなら、他の神社にも行ってみないとね、と思ったのですが、今回は、ここまで。

三嶋大社 公式サイト