メール鑑定

トリプルコンジャンクション 2020年

土星の射手座からの移動などをみていたら、おもしろくて、2020年のコンジャンクションまでみてしまいました。

コンジャンクションとは、地球からみて、天体と天体が重なることです。
木星と土星が重なることを、グレートコンジャンクションと呼びます。

だいたい20年に一度。
次は、2020年12月22日です。
厳密な意味はないのですが、イメージとして。東京のチャートです。

その前の木星と土星のグレートコンジャンクションは、2000年5月29日でした。
その前は、1981年(1月から7月までに3回)。その前は、1961年。

天王星より遠い天体が、発見されてなかったときには、土星と木星がもっとも遠い惑星でした。その宇宙のハテにある、その二つが重なるのは、大きなイベントだったのです。

土星は、長い時間の星。長い時間を経ても変わらないもの以外は、捨てていきます。
木星は、大きな受容の星。ひろい空間を経てくるもの、すべてを受け入れます。

この二つが重なることで、社会のなかでの変わらないルールである制度や、心のなかでのルールである道徳観の次のカタチが示されます。
社会の規範が変わっていったり、生き方のルールである宗教、そのルールを教える教育が変わっていくので、その教育や社会的目標を掲げた世代がでてくるので、そのあとに続く影響があります。
また、長く心の支えとなる宗教の改革もあるでしょう。
つまり、グレートコンジャンクションの時のチャートは、社会的変化を示すので、変化したそのあとの時代を象徴するものともいえます。

過去のグレートコンジャンクションの時、ナニがあったか調べてみました。
2000年・・IT革命、iモード(アイモード、読めない人いるかもね)、出会い系サイト、サザンオールスターズのTSUNAMI
1981年・・オレたちひょうきん族、スペースシャトル初飛行、ルビーの指輪
1961年・・女子バレーの東洋の魔女、「巨人、大鵬、卵焼き」、フランク永井の君恋し

それぞれ、その時代あるいは、そのあとに続く時代を象徴していると思います。
でも、こうして並べて、どんな事があったかと思い出すと、節目だったように思うのですが、その時代のうずのなかにいると、まったく自覚はありません。
それに、いまは、木星、土星より遠い天体である天王星あたりも、個人で「使っている」感覚はあります。

その渦のなかにいるとわからないのだし、いまは土星より遠い天体も意識してるし、という事で、このグレートコンジャンクションは、そう騒ぐことはないかもな、と思っていました。

でも、2020年のグレートコンジャンクションはちょっと特別でした。

木星と土星のグレートコンジャンクションに冥王星がからみます。トリプルコンジャンクションとなります。

天体の動きでいうと、2020年11月19日に木星と冥王星がコンジャンクションして、12月22日の木星と土星のグレートコンジャンクションに向かいます。
なので、木星と土星のグレートコンジャンクションも、トリプルコンジャンクションの範囲内、とも言えます。
以前のグレートコンジャンクションでも、この3つの天体は、同じサインのなかにあった事もあるのですが、今回は、かなり近いところになります。

冥王星は、山羊座で、国家や組織の変革、社会的なルールの変更をしています。
グレートコンジャンクションに冥王星が加わることで、社会そのものが変わっていき、それに伴って社会のルールや、心のルールも変わっていくようです。
また、冥王星の「徹底的」という部分にふれるので、今回のグレートコンジャンクションの影響は、なかり大きいと考えられます。

今回の木星と土星のグレートコンジャンクションは、水瓶座にはいったばかりの時に起こります。
山羊座の権威、実績などの枠を外して、未来や理想をかかげて横につながっていくところ。
山羊座の価値観を否定する勢いも強いところです。
なので、切り替わり感もかなり大きいと思います。

土星以降の天体は、そのサインにはいったときから、少なからず影響を及ぼし始めます。
土星の山羊座入りは2017年12月。
木星の山羊座入りは2019年12月。
なので、これ以降、このトリプルコンジャンクションに向かっていく、ともいえるのです。

2020年のグレートコンジャンクションの次は、2040年10月。ちょっと、先。

今日は、ここまで。「ちょっと先」に、また書きます。
20年に一度のオーバーライト、楽しみだね。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク