メール鑑定

無料ホロスコープの作り方 MyAstoroChart さんで

星占いで「○○座」というのは、生まれたときに太陽がその星座、サインにあったという事です。

たしかに太陽は重要な天体なのですが、他の天体も重要な役割があります。
占星術では、他の天体も読んでいきます。
天体(重要な天体は、だいたい10個)が、どこにあるのか、を書いたものをチャート、あるいはホロスコープと呼んでいます。
また生まれた時の天体の配置を、ネイタルチャートと呼びます。
ウェブでこのチャートを書くことができます。

ブログで時々、使っているのはこちらの My Astoro Chart さんの無料ホロスコープのサイトです。
チャートの出し方について、書いておきます。
パソコンの画面を基準にしていますが、スマホでも同じです。

1.まず、サイトにアクセス。
ホロスコープ、あるいはネイタルチャート、シングルチャートをクリックします。

2.作成したいデータを入力します。
出生時間がわからなければ、12時でいいです。
でも、ハウスが使えなくなるのと、月の位置がややあいまいになります。
ハウスシステムは、プラシーダスハウスを選ぶのをおすすめします。
また、場所も必要です。
東京であれば、このままでもいいですが、そうでない場合は、緯度経度の入力が必要です。
ウェブで調べることができるので、調べておきます。

3.作成をクリックすると、こんな図がでてきます。

左側にASCと書いてあるのが、東の地平線でアセンダントと呼ばれる場所です。
円が重なっていて、内側の数字がハウスの数字です。
真ん中の記号が、サイン(星座)の記号、外側の記号が天体の記号です。

太陽


水星

金星

火星

木星

土星

天王星

海王星

冥王星

また、サイン(星座)は、

このチャートの下の方には、その天体の位置や、他の天体との関係(アスペクト ASPECTS)が書いてあります。

作ってみてね。

スポンサーリンク