メール鑑定

冥王星 富士山 長屋和哉さんロッキー田中さん

この3月17日に冥王星 天王星の最後のスクエアです。
という事ではないのですが、
最近、長屋和哉さんの
「冥王星」というCDを聴きなおしています。

21aGe61+CEL[1]

長屋さんのライブに一度、うかがったことがあります。
築地本願寺で行われたライブで、
富士山の写真家のロッキー田中さんとのコラボでした。
ロッキー田中さんの公式ページは、こちら(音がでます)

当時の自分の状況がキリキリしていて、
感情がたかぶっていたのかもしれませんが、
富士山の写真をみて、長屋さんの音を聞いて
涙がとまりませんでした。
moved という感動ではなく、理由がわかりませんでした。

長屋さんのブログには、美しい言葉と写真も掲載されていて
時々みていると、厳しく透明な空気を感じます。

長屋和哉


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク

コメント

  1. ふじた より:

    長屋さんのHPは、冥王星の前あたりまで少し関わっていたので、御自宅にも行ったことがあり、記事を読んで懐かしく思いました。

    長屋さんのCDやライブでは、実際に涙を流す人が居るのですが、単純に音として聞いていればそんな風に思えないけど、自分自身の状況がマッチすると、魂を揺さぶられる音です。
    それが、涙という形で表れて来るのだと思います。

  2. Divinus より:

    この「冥王星」が作られた頃は、すでに八ヶ岳に住んでいらしたんですよね。
    ふと、選ぶ音楽に自分が映っているのかもしれません。