メール鑑定

大山寺

大山ケーブルの、途中駅である大山寺です。
良弁僧正が、この大山を開かれたそうです。
江戸の大山詣でが盛んな時期には、神も仏も一緒でした。
ふもとの良弁滝で飯綱大権現と大日如来があったり、
夏季以外は、山頂の本社までは行けず、
大山寺までの参拝に限られていました。
それほど、神社とお寺はひとつでした。

お寺のホームページのお寺の歴史にあるように
むしろ、神と仏が一体となっていただけに
明治の神仏分離と廃仏毀釈は苛烈だったのだと思われます。
また、大山寺は、檀家さんはおられないようです。

でも、今でも、ここには
仏でもない神でもない方々がおられるようです。
ケーブルの駅からうかがう途中。
「千と千尋の神隠し」に出演されていました?
IMG_2015041238

お不動様のお寺です。
護摩祈祷をされていました。
ここは関東三十六不動の最初の霊場です。
IMG_2015041239

本堂です。
本堂のなかは、お供えのお菓子やお酒もあって
むしろ日常を感じる場所です。
お供えの「萩の月」
期限大丈夫かなあと心配しました。
IMG_2015041240

本堂の授与所におられたのは、こちらの奥さまかな?
とてもフレンドリーで楽しい、いいアジだしてる方でした。

参道の左右はもみじ。
秋は素晴らしいでしょうね。
IMG_2015041241

神聖さと、日常がミックスされて
懐かしい感じもします。

大山寺で、マントラを唱えて
それぞれの仏さまとお堂を、参拝されている男性がおられました。
ケーブルの駅で一緒になったので、お話しました。
毎月、参拝されていると聞いたので
ケーブル止まったらどうするのですか?
「歩くよ。ふもとのケーブル駅から、30分かそこらだよ」
でも、時々、足をすべらせたハイカーや登山者が
「降ってくる」から、イヤだそうです。
軽傷とは限らないそうです。

神と仏のあいだ、のみならず、
ここは生と聖と死のあいだかもしれません。

本堂下。
地蔵は六。
アチラとこちらの間。六道をめぐる六。
聖地と日常のあいだに立つモノ。
IMG_2015041242

関東三十六不動 お不動さまのお写真もあります。

大山寺
大山ケーブルカー
小田急の大山のサイト

スポンサーリンク