メール鑑定

かないくん展

不思議な展覧会に行ってきました。
問いかけられているのは、ただひとつ「死ぬとどうなるの」

写真オッケーの展覧会です。

2014-05-21 15.20.46

「かないくん」という絵本の世界を展示しているのですが、
その絵本を知らなくても、大丈夫です。
なぜなら、会場ですべて「読める」から。

この絵本は、知り合いの死を通して、考える本です。

なので、最初に糸井重里さんが「御遺影」でごあいさつしてます。
さすがや・・。

それから谷川さんの詩と、「死ぬとどうなるの?」というコーナーがあります。
いろんな方の「死ぬとどうなるの?」に対する答えがあるのですが
サイコーなのは、コレ。

2014-05-21 13.33.57

かつら、ツルン、だ。
かつらを脱ぐような、もの、かな。
いや、深い。

それから絵本の原画があります。
ここでこの絵本を「読める」
この原画の美しいこと。
先日の、漫画家による仏の世界展でも、そう思ったのですが
原画の色と線の美しさ。

2014-05-21 13.36.46

もちろん、原画を漫画なり、絵本なりにするにあたっての、
プロの方々のすごい努力は、敬意をはらっているのですが、
原画の迫力には、まったく別のものだと思いました。
空白の物語は、日本画です。松本さん、すごいわぁ。

自分がわかれていくような通路を通って
暗い部屋のなかで、絵本の朗読のコーナー。
だから、知らなくても大丈夫。

その朗読の部屋をでると、その廊下の先に
目の前に鏡にようにモニターがいくつかあります。
あれ?うしろに、かないくんが、いる・・・!
で、私が、いない・・・!

2014-05-21 13.44.16

幽霊、ってコワよぉ、と反射的に思ったあと、
自分も幽霊じゃん、なあんだ、と。

そして、最後のコーナーは。
やはり「死ぬとどうなるの」

正面の左右のモニターは、
このコーナーを読む自分がうしろ斜めうえからとらえています。

そして、左右のモニターは、リアルタイムのモニターと
少し過去にさかのぼったモニターになります。

2014-05-21 13.47.37

さっきまで、すこし手前で熱心に読み込んでいる自分を
斜めうしろうえから、見ることになります。
死んだ直後、って、こうかもね、と。

スピリチュアルな考えだと、
身体をもってこの世にいるという分離体験が終わる
と思うのですが、実際、死の前後、は、やはりコワいな、と思います。
ちゃんと死ねるかな、と。
他の誰にもかわってもらうわけには、いかないし。

さて、「死ぬとどうなるの」

かないくん展 2014年5月16日〜6月2日 パルコミュージアム(渋谷パルコパート1 3F)
スクロールしていって下のほうにある
春風亭笑太さんと糸井重里さんの対談もおもしろかったです。
ちょっと長いけど、お時間があるときに。
落語は、けっこうパカパカ、死んだり
気軽に死者がでてくるからね。

スポンサーリンク