メール鑑定

酒列磯前神社 (さかつらいそさきじんじゃ) 本殿

気になるのは、やはり拝殿のうしろの本殿。
201604134

大きい。
201604135

拝殿からご挨拶すると、国家を感じる部分もあります。
でも、もっと別の部分がありそうで、気になるのは、本殿のさらにうしろ。
201604136

この向こうは海。拝殿と本殿を通して、海を拝しています。
瑞垣(みずがき)の向こうにも、独特の樹叢がひろがっています。
この力強さは、国家という考えだ成立するより、ずっと古い感じがします。

帰ってから、地層について調べてみたら、
境内と海岸線の間は、古墳群となっていると書いてあるサイトがありました。
古墳ね、なるほど。
古墳の上に神社がのっていることも多いです。
多摩川浅間神社もそうですし、笹森稲荷神社もそうでした。

201604137

ご社殿の側面についていた社号?でしょうか。
いい感じの文字です。
国家とか体制が入るまえも、ここは聖地だったはずです。
木とか、海などに霊性を感じる頃の祈り。
201604138

いったん、境内を抜けて、本殿のうしろの瑞垣の外側に行けるのかな?と
まわってみましたが、立ち入り禁止。
神域かどうかは、わかりませんが、入ってはいけないとの事なので、ここまで。
201604139

神馬。大笑い。
201604140

酒列磯前神社
ひたちなか市磯崎東古墳群について 埼群古墳館さんのページ

スポンサーリンク