メール鑑定

波除神社

築地の波除神社です。
ここ、魚の匂いがします。
江ノ島は干物の匂いなんですが、こここは、さばいた魚の匂い。
周囲は、築地市場の場外市場になっていて
国内外のお客さんで、お鮨を食べたりしてにぎわっています。

神社の前は、昔は川だったんですね。

nami6

海幸橋が、かかっていたそうです。
築地市場の移転の話が、ちらっと思い出されます。
海もちかくて、荒っぽいような感じがします。
昔は、もっと海のそばで、川もあって、このお社から見えたんだろうなあ。

nami1

鳥居をぬけて、うかがいます。
ご神木はイチョウ。枝垂れ銀杏と言われています。
しだれています。珍しいです。

nami5

狛犬になっているのは、巨大な獅子頭。
弁天社と、手水もここです。

nami3

鳥居の左右に鎮座されています。
デカい。

波風をピタリとおさめたので、それに対して奉納された
一声で万物を威伏させる「獅子」の巨大な頭だそうです。

nami4

ご挨拶します。
強いですね。
「人生の波を乗り切る神社」とのことです。
わかります。
でも、ご神体はお稲荷さん、とのことですが、ちょっとなんか、違うような気がします。

ご由緒によると「光を放ち漂う御神体」を祀ったということですが、なんだろう。怖くて綺麗なモノだろうな。

境内には「海老塚」や「すし塚」があります。

nami2

その奥に、「おきつね様」があります。
これは、稲荷社の感じがします。

末社として天照大神、大国主命などなど、「普通の」神社であれば、主祭神になるような方々が、むしろひっそりと。
不思議なところだなあ。

築地市場の威勢のいいお兄さんたちが、お守りするパワーの神社です。
日本橋の小網神社に似た、海から来た強いモノのパワーを感じました。

「今、シンドイ」という方は、是非、うかがってください。
開運祈願、災難よけ。確かに、そうかもしれません。

これは築地の車。かわいいね。

nami7

波除神社

スポンサーリンク