メール鑑定

柳森神社 たぬき アニメ聖地巡礼

本殿にご挨拶をしたので、境内の方々にもご挨拶をします。
まず、この無視できない自己主張をしている赤い鳥居。
yana9

福寿神とされているたぬき。
赤い鳥居を、再度くぐって、稲荷っぽい赤い玉垣の、その向こうに見える祠へ。
これは、本殿の前を横切る形です。
yana10
ご由緒を読むと、五代将軍の生母の桂昌院が、
江戸城内で福寿稲荷として創建されたのが始まりだそうです。
その後、もともと身分の低かった彼女が、
将軍の生母という地位に、他をぬいて登りつめたのにあやかろうと、
おたぬきさまとして、大奥の女中が崇敬したということです。
感じは、お稲荷さんなんだけど、ちょっと違う。
キツネでなく、たぬき?だから?
先日も、蔵前神社で桂昌院がらみのお話がありました。
この方、春日局(かずがのつぼね)に見こまれて、とか
五代将軍の生母とか、いろいろあるけど、おもしろい方かもしれません。
蔵前神社の記事は、こちら。

その右には、金比羅宮(こんぴらぐう)
yana14
ここの後ろは、神田川。
yana13
海運の神さまなので、ここでも大きな意味を持っていらっしゃいます。

秋葉大神と江ノ島大明神。
yana12
秋葉大神には狛犬。
江戸に多かった火事に対する火伏せの神さまです。
また、江ノ島大明神は龍で、足元は橋がかかっています。
こちらは水の神さま。神田川の近くだから。
火と水。神紋もちゃんとあり、それぞれエネルギーもあります。

明徳稲荷社。これはどちらからから、ここにいらした方でしょうか。
yana11

あとお名前はわからないのですが、こちらも小さな祠のお稲荷さん。
yana15

小さいけど、いい感じの場所です。
そして、外国の方がなぜ、こんなに?
アキバの観光なら、神田明神だろうに?
小さなベンチがあって、隣り合った家族連れと、少しお話しました。
いかにもアメリカ人のご夫婦。シャイな少女、ロンゲのお兄さん。
どうして、この場所を知ったの?「ゲームにでてるんだよ」
え?この小さな神社が?「こいつさ」とロンゲのお兄さんを示されます。
海外のオタクちゃんまでが、聖地巡礼なのかぁ。
うーん。日本のティピカルな神社とは違うんだけどなあ。
ま、いいか、いい場所だし、楽しんでもらえれば。
そして、海外のオタクちゃんは、美形が多いと再認識。

教えてもらった英語の音をもとに、
帰ってから調べたら「AKIBA’S TRIP2 アキバズトリップ2」というゲームで
秋森神社として登場していました。
無題

拝殿の写真
yana4

お稲荷さんと、たぬきさんは
このゲームの会話、どう思っているのかな?と思いましたが、
この会話や、海外から聖地巡礼に来るなんて、
江戸から現代への変化を考えたら、たいした事ではないような気がしました。

柳森神社 東京都神社庁のページ

スポンサーリンク