メール鑑定

一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ) 参道

群馬の一之宮で、貫前神社(ぬきさきじんじゃ)。
三大下り宮のひとつ、とされています。
三大下り宮とは、こちらのほかには、鵜戸神宮と草部吉見神社だそうです。

物部姓磯部氏が氏神である経津主神(ふつぬしのかみ)を、鷺宮でお祀りしたのが最初で、
そのあと、こちらに移ってこられたそうです。
こちらの前の宮にあたる咲前神社(さきさきじんじゃ)の記事は、こちら。

もとは、貫前神社と、抜鉾(ぬきほこ)神社の
ふたつの神さまだったとの説明もありますが、
行ってみて本殿から強く感じたのは、鉾の方の神さまでした。
でも、その鎮座地や、前の鎮座地だった咲前神社の事を考えると
二つの神さまであると考えた方が、しっくりします。

大鳥居への階段。一度、のぼります。
201509i1

総門。
201509i2

灯篭もりっぱです。
近づいてみると、横浜のダレソレから何両という記載があります。
201509i3

狛犬。
大きいけど、かわいい。
201509i4

総門から、階段をくだって本殿があります。下り宮。
これを下りますが、上ってくることを考えると、ちょっと大変。
201509i5

この地は、菖蒲谷といわれる谷になっています。
菖蒲谷は、もともと綾女(あやめ)谷と言われていて、綾とは、糸のこと。
養蚕にまつわる神さまと、聖地であることがわかります。
普通、神社というと、山とか古墳とか、とりあえず見上げるものですが、
ここは、谷が重要なので、下っていくのが当然です。

別の角度から見た楼門、拝殿など。谷に鎮座されています。
201509i6

平成21年から5年をかけた大修復事業がありました。
本殿、拝殿も新しい漆が塗られ、キラキラした姿になっています。
また、平成28年から式年遷宮も、あるそうです。
ここ数年、出雲大社、伊勢神宮をはじめ、各地の神さまが
式年遷宮を迎えられているようです。

一之宮貫前神社 公式ページ
境内の地図やアクセスは、こちらの 上信電鉄さんのページ が見やすいです。

スポンサーリンク