メール鑑定

日本の妖怪カード

和モノのオラクルカード。
めくってみて、そこの書いてあるメッセージを読み取るカードです。
和モノは大好きです。

東京の、特に下町は、江戸の昔から火事も多く、空襲の記憶もあり、
ごちゃごちゃとした町は、もともと小さな暗がりがあります。
そこにいるモノたちの気配が、強いところです。
こちらの墨東地霊散歩でも、そんな雰囲気を伝えています。

また、東京の下町にかぎらず、ちょっと前の日本の各地には、
そういった小さく、低めの体温を感じる闇が、
あちこちに、あったように記憶しています。
ある時は、それは小さくなく、現世の人間を越える
大きさとパワーを持っているのですが、
その闇には、このカードにいるような「妖怪」も、きっといたと思います。

この妖怪カードの解説書には、教訓も書いてあります。
でも、私は、この妖怪と呼ばれる、暗がりにいるモノたちは、
もともと、人間たちに教訓を与えるために、存在しているのではないと考えます。
それは、最近まで、私たちとそんなモノたちの距離は、もっと近くあったはずです。
そして、教訓というカタチであったり、別の形であったりしながら、
それらの言葉にならないメッセージは、受け止めていたはずです。

そのモノたちは、なぜ、その闇にいるんでしょう。
それぞれの理由があるんでしょうけど、結局は、「そこにしかいられない」と思うのです。
人間を怖がらせるため、とか、教訓を与えるとかではないので、
そんなに怖がらなくてもいいような気がします。

かといって、「そこにしかいられない」モノを哀れに思う、
というのは、ちょっと違う気がします。
それは、こちらの気持ちが揺れてしまって、
そのモノたちとの距離を、必要以上に詰めてしまう気がするからです。

それらの存在とメッセージを感じつつ、
それぞれの住む世界で、過ごしていくという距離感ではないでしょうか。

今日の私のカードは「八百比丘尼」
t02200305_0800111013493809018[1]

人魚の肉を食べて不老不死になった彼女は、
愛する人、肉親をすべて見送って一人、この現世に残る事になりました。
(ふむ、なるほどね)

妖怪カード ヴィジョナリー オンラインサイト