メール鑑定

上野 東照宮 唐門

江戸城の鬼門の守りとして、藤堂高虎と天海僧正によって、上野は作られています。
また、京都の比叡山は京都の鬼門の守り。
その東版として作られたのは、東叡山寛永寺。
それとともに、こちらも、江戸城の鬼門の守りとしては必要な場所。

最近、海外からのお客様が多いなあ、と感じるのですが、
ここも、とても、多い。
江戸時代の彫刻をほどこした建築物が、間近にみられるからかもしれません。
宗教的な感じではなく、みなさん、ジドリ棒を伸ばして
スマホで写真をとっています。

東照宮に準じて、これも唐門(からもん)
彫刻がすばらしい。
20160123

昇り竜と下り竜。
20160125
20160124

偉大な人ほど頭を垂れるということから、
頭が下を向いている方が昇り竜だそうです。

ご挨拶します。
権威を感じます。おまつりされているのは、徳川家康公、吉宗公、慶喜公。
仕事で大きな決断をされる方、こちらはいいかもしれません。
あたりまえ、といえばそうなのですが、
日光東照宮と、たいへんよく似たエネルギーです。

東照宮というのは、全国にあって、その場所によっては寺院になっていたり
別の神さまと一緒になっていたりするのです。
芝の東照宮では、むしろ、後ろにある
丸山古墳のエネルギーを強くかんじました。

この門の前からも、充分壮麗な門と屋根が見えるのですが、
拝観料を支払って内側まで行かれることをおすすめします。
(社殿のなかにははいれません)

これは寅の石碑。
家康公は寅年、寅の月、寅の日、寅の時刻に生まれたとされています。
20160126

上野東照宮 ホームページ


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク