メール鑑定

諏訪大社 御柱 一之柱

諏訪大社は、4つのお宮の総称です。
それぞれの神社の4隅には、4本の御柱が建立されています。

この4社をまわる順序は、特に決められていないようですが、
私は、なんとなくこの順序です。
今回は、上社前宮から流れた冷たい湧水が、
下社秋宮では温泉となっているような気がしました。

上社前宮(かみしゃさきみや)
前1

上社本宮(かみしゃほんみや)
本1

下社春宮(しもしゃはるみや)
春1

下社秋宮(しもしゃあきみや)
秋1

自然のご神木ではなく、人の手で立てられたものですが、とてもよい感じです。
今年は新しくなります。7年毎の式年造営御柱大祭の年です。

この写真では、それぞれ1の柱だけを撮ってあげましたが、
ひとつのお宮の四隅にそれぞれ、1本ずつ。
神社のご神木は普通、1本ですが、ここでは4本。しかも四隅に。
最初に思ったのは、結界か、
逆にここに封じこめたナニモノかのための柱かな、と思ったのですが、
それにしては、イヤな感じもしません。
イスタンブールのアヤソフィアにも、外側に4本の柱があったし
それと似たようなものなのかな?と思ったのですが、
あれはミナレットといって、鐘楼のような役目をしているそうです。
ちょっと、違うか。

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト

スポンサーリンク