メール鑑定

諏訪大社 上社前宮 十間廊

鳥居のところにある狛犬。りっぱなものですが、新しいものです。
201601012.1

本殿や拝殿にあたる場所にも、
周囲に古い狛犬がいないことから、建てかえられたものではなく、
最近、作られたのだと思います。
狛犬たちは、きっちりと仕事をしているようですが、
とってつけたような雰囲気もあり、「いまでき」の感があります。
でも、これから、数十年、数百年のあいだには、いい感じになるでしょう。
しっかりね。

気になるのは、鳥居のとなりにある十間廊です。
20160012

鳥居をくぐらずに、ここにあがれる階段があります。
201601014

古代からの重要な祭祀は、ここで行われています。
お賽銭をあげて、ご挨拶する場所ではないのですが、
ここは「現役」の場所のパワーがあります。

なぜ、鳥居をくぐらずに、
重要な祭祀の場所に行かれるようにしてあるのか、と考えました。
ここで行われるお祭りは、
鳥居が作られるずっと以前から、古代の祭祀。
そのお祭りには、山でとれる鹿なども並べます。
仏教思想の影響で、肉食がタブーとされてくるようになる以前のお祭りなので、
仏教思想が入って、この鳥居が建ったあとは、
血の匂いのするものが、鳥居をくぐるのは、ちょっと、と感じたのかもしれません。

もちろん、祭祀の場所なので、軽々しく踏み込んでいいものではありません。
注連縄(しめなわ)がはってあります。
そして、この十間廊での祭事は、本殿やそのうしろの山を向いては行われません。
おもしろいね。
場所としては、カラなのですが、暖かな、よい空気がありました。
201601015

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト
諏訪大社については、八ヶ岳原人さんのサイト がとても詳しく書かれていました。

スポンサーリンク