メール鑑定

諏訪大社 上社本宮 布橋

北側に大きな鳥居と参道があるのですが、
201601044.1

私は、こっちから入るのが好きだなあ、と思っていたら、
境内に、案内図がありました。
一度、こちらにまわるのね、やっぱり。
本宮案内図JPG

祓いの役目をされているは、こちら出早社。
前宮と同じように、ご祭神のお子神だそうです。
201601045

ご挨拶すると、守屋山を拝する方向になります。
どうしても、山を意識します。

布橋とあります。りっぱな龍もいます。
201601046.1

201601048

途中、ここも守屋山の方向に摂末社遥拝所。
201601047

前宮の周辺と守屋山にたくさんあった、摂末社をまとめて、ここで、でしょうか。
もう、たくさんいて、どなたがどう、とわかりませんが。

お父神さまは、別格。大国主社。
201601049

ここだけ橋が切れていて、社前まですすむことができます。
これは、大国主っぽい。
出雲大社では、別の面も感じますが、
ここは、幽事(カクリゴト)と縁結びの面がある大国主。

これは帰り道で。
この長い橋を渡りながら、常に御神体の山を感じます。
201601050

山が近い、というより、もっと手前になにか、ありそうだなあ、と思いました。
まず、神さまのヨリシロとしてのイワクラ(盤倉)としての硯石。
それもそうだけど、その手前。
摂末社や大国主社の奥、拝殿のその向こう側。
案内板によると、神居とあり、木が書き込まれています。
ここにいるのは、神さまのはず。
過去には、ここに仏教の建造物もあったようですが、
いまは、どうなっているんでしょうか。
いずれにしても、かなり気になる場所です。

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト
諏訪大社については、八ヶ岳原人さんのサイト がとても詳しく書かれていました。

スポンサーリンク