メール鑑定

諏訪大社 上社本宮 四脚門 御宝殿

布橋のまんなかあたり。
申と寅の年には、御柱を新しくする御柱祭りとともに、
この御宝殿も新しくなり、御遷座となります。
東と西にその場所があって、御神輿と御神宝、または御霊代が納められているそうです。
今、東御宝殿を新造しており、今年、そちらに遷られるとのことです。
ここが予定地。
20160151

行ったときには、東御宝殿の地鎮祭(にあたるものをするなら、その前)だったようで、
注連縄と砂山がありました。
砂山をアップで。
201601051.1

そして、四脚門と、その前の橋。
201601052

20160153

これをはさんで、西御宝殿。
20160154

四脚門から、ご挨拶します。
ここ、パワフルな場所です。ここをハズしたら、このお宮の意味がないくらい。

四脚門の向こう側には硯石が見えます。
201601055

硯石は、神さまの盤座(いわくら)。
神さまが、降りてこられる場所。守屋山からここに、いらっしゃる。

硯石を、別の角度からアップで。
硯石

守屋山と硯石からの直線で、最短距離の場所。パワーを感じます。
この四脚門は特別な門で、
現人神(あらひとがみ)の大祝(おおほおり)さんだけが通って、
硯石に向かうことができたそうです。

布橋の下から、四脚門にいたる階段です。
201601056

今は、階段の前に神楽殿がありますが、
この階段を登って、布橋を横ぎって、御宝殿と四脚門を通って、
硯石、あるいは守屋山まで、まっすぐです。
201601057

ちなみに、階段のとなりにあるのは、天流水舎。
「どんな晴天の日であっても、屋根上の穴から滴が3滴たれると言われる」所です。
これ、ぱっと見て、手水舎でしょう。

そして、気になるのが、左右の御宝殿にあるという御神輿と御神宝、御霊代。
ここは、ご祭神は、建御名方神(タケミナカタノカミ)ですが、
御神体が守屋山だったり、大祝さんという人間だったりする神社です。
普通の神社で、御神体にあたる鏡とか刀とかの、
モノとしての御神体は、意外とこの中にあるのかもしれません。

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト
諏訪大社については、八ヶ岳原人さんのサイト がとても詳しく書かれていました。

スポンサーリンク