メール鑑定

天王星が牡牛座へ 2019年3月

3月6日、天王星が牡牛座に移動します。
以前、お試し期間があったのですが、今回は本格的に牡牛座に移動し、これからの約7年、牡牛座に滞在します。
これから牡牛座天王星が示すこ事、つまりどんな事がありそうなのか、という事については、こちらの記事で書きました。

ここでは、入ったときの影響をみていきたいと思います。

牡牛座は、不動宮で土のサインです。
ものごとを着実に繰り返しながら、現実に向きあっていくサイン。そこを変更させる天王星が入ります。
過去に不動宮に天王星が入ったときのチャートと、土のサインに入ったときの検証もしてみます。
わかりやすいように、少し時間がすすめてあります。

不動宮の天王星
まず、過去、不動宮に天王星が入ったのは、1995年。最終的なサインの移動は1996年1月です。
そのときの東京のチャート。

7ハウス水瓶座に天王星があります。
7ハウスは一応、同盟国と読みます。アメリカでは、当時の、ビル・クリントン・アメリカ大統領は、重工業から転換し、IT、ハイテクを中心とした経済政策をとりました。また、ヤフーが設立され、前年のウィンドウズ95発売とともに、PHS、携帯電話がこの7年で社会の道具となり、多国籍間の「言葉」であるOSが、このあと当たり前のインフラとなるのです。
また、この動きは、5ハウスの冥王星に「着火」することで、このあとITバブルが起こります。
それは8ハウスに続き、金融ビッグバンと言われ、銀行と証券の境がなくなりました。

一方、この前日、村山首相が辞任しています。当時は、村山首相と土井たかこ衆議院議長ともに日本社会党から選出されていましたが、1996年の選挙で自由民主党が第一党となり、首相も議長も自由民主党から選出されています。
村山首相の辞任の理由はよくわかりません。「元旦の晴れた空を見て」とおっしゃっていました。
1995年の阪神淡路大震災の対応のまずさとか、地下鉄サリン事件も影響したと言われていますが、なんだかハッキリしません。しかし、このチャートでみると、7ハウスの同盟国からの訳のわからない圧力もありそうです。

アメリカを日本の同盟国と読むことには、私は「今は」全面的には賛成しませんが、この当時は、日本は少なくとも、アメリカを宗主国ではなく、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)、対等な立場に立とうとしていたのではないかと思うのです。
それは、沖縄少女暴行事件から発した日米地位協定の見直しがあり、普天間基地の返還につながっていきますし、「村山談話」として歴史的見解を述べたこともありました。それと村山首相の辞任との関係はわかりませんが、7ハウスの太陽、海王星は、相手国、アメリカにとってよい主張をする日本の代表が求められてたとも読めます。

話を天王星に戻します。
この天王星は、未来につづく情報とインフラの変化があったのが不動宮の風のサインの水瓶座の天王星と読み取れます。

土のサインの天王星
次に土のサインに天王星が移動した時のチャートを読みます。
最終的に移動した、1988年12月3日東京のチャートです。

この約ひと月後、昭和天皇が崩御され、昭和が終わります。
陛下の崩御については、天王星の移動だけではないと思いますが、ここでは、4ハウスの天王星、土星、海王星とともに、国の姿がかわること、霊的なつながりで一体感を感じることが読めます。

天王星は4ハウス、土星と合。
ここでも、7ハウスはアメリカとしてみると、当時のブッシュ大統領がすすめたいたのは、保護主義政策。日本の牛肉や車がターゲットになっていたので、7ハウスの火星から国内の産業が脅かされている配置。
当時は、竹下首相。ふるさと創生事業として、ご近所に1億円をバラまいている3ハウスの太陽です。その後、1989年6月には宇野首相、8月には海部首相に変わっていきます。
このあと、1989年には冷戦が終結し、1990年には湾岸戦争に至ります。
変化が激しいのが活動宮であり、政治や社会、実際の仕組みや約束事が変わっていくのが山羊座の天王星なのだと思います。

過去の天王星のサインの移動については、こちらの記事でも書いています。

今回の天王星の移動は、不動宮の土のサインです。
2019年3月6日 東京でのチャートです。

天王星は8ハウス。国債や、社会保障、年金の変更がありそうです。
5ハウスの金星とゆるくスクエアという強い配置なので、最初は公共事業や国の介入なとで、活況を呈していた証券業界から、自分の利益をとってしまうと、年金や社会保障に手をつけてしまうという時期です。
不動宮の土のなので、変化はすぐにはでてきませんが、7年を過ぎたあとには、国債という国の借金も含め、お金や経済、社会保障に変化がでてくるようです。
太陽は7ハウス、月、海王星、水星も近くにあります。
過去と違って、今はアメリカが同盟国だとは思えませんが、誰かに気を遣っているのが現在の安倍首相であり、魚座の水星の示すように、言葉数は多くても意味不明というあたりでしょうか。

社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク