メール鑑定

弥彦神社(彌彦神社) 玉の橋 随神門

越後の一の宮である彌彦(弥彦)神社です。
ご祭神は、伊夜日子大神(いやひこのおおかみ) 

大鳥居

背後に山がみえて、何を神さまにしているのか、よくわかります。
境内に至る道にある大きな鳥居のですが、一の鳥居ではありませんでした。

信号機には「美山」

一の鳥居

背後の森から立ち上がるご神気。
そして、左右の脚がある鳥居のカタチ。両部鳥居というそうです。
コレって、富士山をめぐる神社に多くありますし、広島の宮島もこのカタチ。
山岳信仰だったり、神仏集合の場所であることを感じます。

玉の橋

人の身では渡れません。神さまがお渡りになる橋。
ただ、この下は御手洗川で、参拝者が禊(ミソ)ぎをして、心身を清める場所のはず。
ここに神さまがお渡りになる橋があるのは、なんとなく違うよなあ、と思っていました。
帰ってから調べてみたら、明治の火事になる前は拝殿前にあったそうです。それなら、わかる。
でも、ここ、とてもフォトジェニック。

みそぎをするために、階段もありました。

手をひたして禊ぎいたします。

表参道に至る手前に、気になるものが。

奥にある赤いものは、石油蒸留竈。

新潟は日本の有数の石油産油県。
石油の発掘の成功と工事の安全を祈願したことから、ここに置かれたとのこと。
気になったのはその手前。

井戸だと思うのですけど。

井戸と手水だと思う。歯切れが悪くて申し訳ないが、現地にも公式サイトにも説明がなかったのです。
いい感じのところだし、重要なところだと思うんだけど。

二の鳥居

写真では明るく撮っていますが、少し暗くて澄み切った空気があります。

随神門

ご祭神の伊夜日子大神は、公式サイトによると、天香山命(あめのかぐやまのみこと)で、高倉下命(たかくらじのみこと)とも申し上げる神さまとありました。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御曾孫(ひまご)にあたられるとありますが、なんか違う感じがします。
天香具山命もおられるのかもしれないけれど、そのまえにこの土地におられた山の神さまじゃないのかな。
そこに、ヤマトからの天香具山命がこられて、それから仏教、修験もはいっておられるような感じ。

公式サイトをみると、たいがいのお宮が「一の宮」をうたっているけれど、このサイトは目立つところにはとりあえずない。
ヤマトの決めた順列には入らない神さまということじゃないか。
あるいは、新潟の一の宮と呼ばれる神社が他にあるので遠慮してるとか。

それだけ古いパワーがあるのに、現代も枯れることなく、こんこんと湧く水のように湧いてくる。
それは、山からやってきているのだと思います。

弥彦神社の石油について弥彦村の村史こぼれ話 第11話石油業界の神社信仰 弥彦村のサイト(PDF)

彌彦神社

スポンサーリンク