メール鑑定

明治神宮 2021年末

毎年、この時期にはお札をお返しして、ご昇殿して参拝しています。

昨年の年末に引き続き、新型コロナウイルスの感染症を警戒しながらの参拝です。
ただ、今年は参拝する方の多さに気がつきました。

例年の年末はどこの神社も、あまり参拝する方は少なく、また、昨年は特に新型コロナウイルスの感染症の流行で、少ない印象がありました。
でも、今年は駐車場がいっぱいだったり、参道を行く人が多かったと思います。

でも、いつ来ても、この清々しさはかわらない。

そして、今年もプールのレーンロープのような1メートル事の目印。

今年の御製です。

明治天皇 御製
「くに民が こころごころに すすみゆく みちにはさはる ものなくもがな」

昭憲皇太后 御歌
「人のため 身のため ものをおもふこそ うつせみの世の ならひなりけれ」

ここで寄せるのも畏れ多いことですが、ひとりひとりのこころ、だったり、誰かのために、というお言葉があると、魚座に木星がはいったこの時期を思い起こします。

いただいたお札をお返しして、神楽殿の前で時間まで待ちます。
この時間は本当に心静かになる時間です。

受付の時に、巫女舞と最後の御神酒はありませんと言われました。
これも昨年に引き続きのことです。

でも、昨年より、少し規制がゆるくなっていて、札による制限がなくなっていました。
そして、祈祷殿のなかでは一緒にきたグループ毎に座って、ソーシャルディスタンスを保つように畳に目印がありました。

太鼓の音、鈴の音。
そして、御簾の向こうには明治天皇陛下のご気配がある。
有り難いことです。

巫女舞いだけでなく、今年も祓詞の奏上がなかったり、ひとりひとり祈願御幣を玉串案に置く作法が省略されていて、これが定着していくのかなとも思いました。

拝殿はお正月仕様になっています。

広々として気持ちがよく、ついつい自分が大きくなって「世界平和」をお祈りしました。
自分ひとりでどうこうできることじゃないけど、みんなが幸せで平和でありますように。

夫婦楠

海外からいらした方々がこの日本酒の樽を背景に写真をよく撮っていらっしゃいました。
今日は海外の言葉はまったく聞こえませんでした。
でも、変わらず菰樽(こもたる)は奉納されています。

良いお年をお迎えください。

明治神宮

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク