メール鑑定

鳥越神社 境内社

隅田川にちかいところなのですが、
水を感じるような流れを感じる場ではなく、
カチっとした場です。
それは、平将門とヤマトタケルノミコトの力の
抑制の場、とも感じます。

祖霊社。開扉されていません。
tori2

扉の前の木が象徴的。

志志岐神社。
tori3.1

珍しい方がいらっしゃるなあ。
豊玉姫神(トヨタマヒメ)は、出産する際に
本来の姿である、ワニの姿を見られたことから
恥と感じ、また約束を違えた夫を恨んで海へ帰った方。
安産の神様、ということなんですが、
海を生活の拠点とする海の民と、
山を生活の拠点とする山の民、
玉の産地であるイズモの民の結婚を連想させる方です。

埋められているという平将門公の胴も
こちらのヒメも、ヤマトではない側の記憶です。
また、白鳥になって妙見(北極星)に向かって飛び立ったという
ヤマトタケルノミコトも、実はちょっとヤマトの中枢からは
疎んじられていたんじゃないかな、と思っているのです。

こちらは、埋め立て用の土を得るため鳥越の山を崩され、
また敷地もかなり江戸幕府に取られたということもあるのですが
本殿には、徳川家康公を祀っています。
コンプレックスというか、それが見事に昇華しています。

こちらは福寿神社です。お稲荷さん。
一緒に天神さまと大黒さん、恵比寿さんもいらっしゃいます。
tori5

この神社のなかでは、わかりやすいので、ほっとします。
鳥居に近く、祓いのお役目もあるようです。

鳥越神社 東京都神社庁のページ

スポンサーリンク