メール鑑定

立春 五行の青

2018年の立春は2月4日。旧暦では、春の始まりのこの時期を、1年の始まりと考えていた事もあります。

この日から、春です。まだ、寒いけど。
陰陽五行の考えでは、
春の色は、青です。青春の青。
青いものを身につけるのがよい、とされています。

感情としては、怒。臓器としては、肝臓で、目や爪に表れます。
ストレスがあると、イライラと怒りやすくなります。
この季節は、気がのぼりやすいので、さらにイライラします。
だから、やけ酒を飲んで肝臓に負担をかけ、
その結果、肝臓を悪くし、黄疸となって、
目のしろい部分が黄色くなったり、
指にさかむけができたり、爪が割れたり、ということです。

だからこの季節には、目と肝を大切にケアするのが、おすすめです。
蒸しタオルに精油を使ったホットアイマスク。
爪については、ハンドマッサージも。
また、お酒はほどほどに。肝を養生するといわれる食材、ニラ、アサリを摂るように。

また、この季節に調子が悪いのは、
前の季節の、冬の養生が足りなかったから、と考えます。
東洋医学では、冷えをとることが大切ですが、
この季節は特に、冬に戻った気持ちで、冷えをとるために暖かく。
冬の食事、鍋物などを食べて、ゆっくり休むことです。

また、ストレスでおなかをくだす、胃がいたい、という方。
このストレスは自分と相手と間で生じます。
つまり、自他をわける事が問題となっているのです。
自他を分けるものは、免疫。
免疫に大きな関係があるのが、皮膚、呼吸です。
肺も外気と自分の間にある器官なので、免疫に関係します。
ですから、ストレスについては、肺の養生も効果的です。
肺の養生では、呼吸法なので、肺を意識した深呼吸を。
また、シソや菜の花は、おすすめの食材。
肺と肝、脾を養生して、身体も温めます。
春むけになっていない身体も温めてくれます。

今の自分の養生するタイプを知りたい方は、
慶応大 渡辺賢二先生の未病チェックのサイトへ http://me-byo.com/

(2017年7月 追記)
このサイト、いつまでもメンテナンス中なのですが、渡辺先生にお聞きしたら、神奈川県の事業で始まって、サーバーもそこを使っていたのですが、そのサーバーが移動したあとにずっと、このまんまになってしまったそうです。(黒岩知事、お願いしますよ)
そこで、以下のサイトを替わってご紹介。
こちらも渡辺先生の監修です。クックパッドからスピンアウトしたサイトなので、レシピには自信があるそうです。
漢方デスク タイプ診断

スポンサーリンク