メール鑑定

笠間稲荷神社 笠間美術館

日本三大稲荷のひとつです。
三大稲荷のどれが3つにあたるか、については、諸説あるようです。

境内から、道路をわたって裏手の笠間稲荷美術館へ。
白い壁の上の瓦(かわら)にこの紋が、ありました。
20160440

笠間稲荷の神紋としたら、お稲荷さんなので、稲穂のはず。
これたぶん、城主さんの紋です。
帰ってから調べたら、藩主が牧野氏だったときは、この三つ柏だったようです。

門をくぐると、こちらが横に。嘉辰殿。
20160442

正面が、美術館。
20160441

こちらの、お庭がきれいでした。
20160445

20150487

神社の裏手にあり、境内のひとつになっているところですが、武道の感じがします。

笠間稲荷、ということですが、ここで感じるのは、
やはり武道を修めたい、道を究めたいという気持ち。
城主の領民、家督の安寧の祈願。

20160443

この先に下屋敷もあり、近くの佐志能神社は、お城の跡に建っているとのこと。
このあたり一帯は、お城のお膝元、あるいは武家屋敷だったのかもしれません。

国道50号の一の鳥居。
20160444

・・・でしょうか。笠間稲荷神社からかなり、距離があるので、ピンときません。
隣町との境界、あるいは俗世との境界にあるようなので、そういう意味で一の鳥居かもしれません。

20160437

笠間稲荷神社
笠間稲荷美術館

スポンサーリンク