メール鑑定

穴八幡宮 2016年節分前 一陽拝復

穴八幡宮の一陽拝復(いちようらいふく)を受けに参りました。
20160151

一陽来復は、年末の冬至から節分までいただけるお札。
一昨年と、去年の記事です。

一陽来復は、冬至のお祭がベースになっています。
最も陽の短い冬至から、復活してきた太陽が、
本格的に復活しましたよ、という立春(前)までお分けいただけます。

金運のお札で、金銀融通なので、
金柑と銀杏とゆず、が入っているそうです。
筒状の部屋に入るタイプのものを振ると、かさかさと音がします。
なかなか良い感じのものです。
部屋に掲げるタイプのものと、持っているタイプの二つがあります。
二つ授与していただきましょう。

拝殿前の楠。
ご挨拶します。
20160152

以前と印象はかわりません。
これだけ多くの人が来て、
それでも、この大きさと浄暗(じょうあん)を保っているのは、すごいなあ。
もともとのパワーもあるけど、奉仕される方もお心もあると思います。

ご由緒によると、的場を造営した際、傍にあった松に鳩が三羽づつ宿った事を
瑞祥(ずいちょう)として、石清水八幡宮を勧請した、ということから。
拝殿に鳩がいます。
20160153

今年は、拝殿前の左右の亀をアップで。
亀は大地を表しているそうです。鳥居のところにもいたね。
この亀が、なかなかいい感じです。
20160155

20160156

部屋に張るタイプのものは、今年の恵方に向かって貼ります。
今年の恵方は巳午(みうま)だそうで、真南から少し東よりです。
お札は、これに向かう北側の高いところに貼ります。
貼るタイミングは、冬至か大晦日か、節分の夜中の12時。
20160154

授与いただけるのは、節分までです。9時から5時まで。
穴八幡宮のホームページは、ありません。
穴八幡宮へのアクセス等は、八雲さんのページへ。

スポンサーリンク